120.恵山温泉旅館★★★★
2007.5.3調査   2007.5.13作成   入浴回数1回 

恵山温泉旅館
0138-85-2041
函館市柏野町117-150
日帰り入泉料 大人300円 子供150円
6時〜20時営業(基本的に冬期間は休館)
酸性含明バン・緑バン泉

広域図へ

亀田半島、旧恵山町にある古びた温泉宿

 函館市からまっすぐ北にのびる国道5号線。この路線は札幌など北海道の中心地へのアクセスのために多くの人に用いられている。

 しかし一方、函館市から亀田半島をぐるっと回り旧恵山町を通過する国道278号は、地方都市へのアクセスもなく、大きな観光地もないため、交通量はがくっと落ちる。函館市からの距離がほぼ同じ、国道5号の森町と278号旧恵山町の交通量を比べるとその差は歴然だ。平成11年道路交通センサスによると前者は17798台/1日、後者は2919台/1日と6倍近い交通量の差がある。
 交通網が発達していない地域において、交通量は訪れる人の数に比例するので、そのようなところで客を集めるのは大変なことであろう。
 この恵山温泉旅館はその国道278号から更に奥に行ったところにある。客商売を行うには上記の理由の故、かなりの苦戦が強いられるであろうと思うが、なんと恵山温泉は、1932年の開湯以来休むことなく営業を続けてきているのである。
 このことは、何よりここの温泉を寄り道して寄るのではなく、”あえて”来る熱烈なファンがいるからにほかならない。
 外観は古びたその温泉に人を引きつけるものは何なのだろうか。それはやはり、温泉施設のなかで必要不可欠、かつ最も大事な”泉質”に尽きるだろう。ここの温泉は非常に特徴的なのだ。


↑国道278から旅館へと向かう海岸線の細い道路。


↑外観

PH値2.1の酸性泉

 この温泉は、泉質=酸性含明バン・緑バン泉でワインの色をしており、何とPH値が2.1という珍しい酸性泉だ。PH値2.1と聞いても小学校でPH値について習って久しければピンとこないかもしれないが、PH値3の酢の酸っぱさを考えればその酸性度合いがわかるだろう。何と酢よりも酸性なのである。当然、お湯を少し舐めてみると、強烈な酸味と渋さが口の中を襲うことになる。
 酸性泉に入ったことがない人は「そんな酸性に浸かって大丈夫なのか?体に良いのか?ただれるんじゃないか?」と思うかもしれないが、肌に感じる刺激はほとんどないので安心していただきたい。むしろ40℃以下というぬるいお湯だが、ぽかぽかと体を暖める効果を楽しむことができるのである。

 この酸性泉の効能として強力な殺菌効果があることが知られている。かつ、ここの温泉は源泉掛け流しであるので、浴槽内の衛生状況はとても良い状態に保たれている。とても体に良い温泉である。
 ところで、遊び半分で10円玉をお湯に浸けてみた。酸性によって色が変化するのだろうか。
 個人的にはお湯につけると一瞬で酸化し、鮮やかな色に変わると思ったが、そこまでの劇的な効果はないようだ。しかし、10分ほど浸けておくと10円玉は鮮やかな色へと変化した。


↑劇的ビフォー(左)、アフター(右)

 他の金属はどうなるか分からないが、念のためこの温泉に入るときは全ての金属を外した方が良さそうだ。管理人は温泉によく行くため完全防水のカシオのGショックを腕時計として使用しており、どんなときも温泉に入るときも購入以来一度も外したことはなかったが、さすがにこのときは外して入浴した。

冬期は休業

 上記したが、源泉掛け流しによって注ぎ込まれる浴槽内のお湯の温度は40℃以下。しかし噂によると、日によって温度が変わるというのだ。これはどういう事か。実は源泉が2.5kmも離れているのだ。源泉から吹き出したばかりのお湯は60℃近いが、2.5kmという長い距離をパイプを伝って送られてくる間に40℃ほどまでに温度が下がるのである。当然、この温度は外気温に左右されることになる。
 そういうわけで、外気温が下がる冬期間は湯温が37℃ほどまでに低下してしまい、湯を沸かすボイラーなどが無いこの施設では休業せざるを得ないのだ。だがその冬期間でも、その事情を知っている常連客や宴会客は受入れているらしい。


↑浴槽はこの1槽のみ

内湯1槽のみ

 ここの温泉は写真の通り、小さな浴槽一つだけの設定。洗い場も蛇口が一つ付いている程度、露天風呂なども何もない。言ってみれば”真っ向からの泉質勝負”だ。前述したように訪れる人が少ないこの地で営業を続けることができているのは、その”勝負”に勝利したことを意味する。
 ここの泉質は確かにかなり特徴的で、人によっては敬遠したいと思うかもしれないが、かなりの人に愛されており、熱烈なファン、遠くからでも来るリピーターが存在する。
 個人的にも、温泉ファンであれば是非一度はこの強力な酸性泉を楽しんでもらいたいと思う。

評価項目 評価 評価理由
総合評価 ★★★★ 強烈な酸性のお湯。是非特徴的なこの温泉を体験してもらいたい。
泉質 5 酸性含明バン・緑バン泉
洗い場 1 蛇口がある程度
内湯広さ 2 主浴槽のみ
露天広さ なし なし
秘湯度 4 旧恵山町

次の温泉へ

北海道の温泉に戻る

※なお、記載されている内容は管理人自身の感想ですのであしからず(管理人は男なので男湯の感想です、女湯は浴槽の数など異なるかもしれません。)。また、データは変更、記載ミス等あるかも知れませんのでご注意ください。誤記載箇所、不明となっているところの情報をメールいただければ幸いです。
doyoulikediy☆inter7.jp (迷惑メール防止のため@を☆にしてあります。☆を@に替えて送信してください。)

Ads by TOK2