SRPG

※攻略に載っているマップの見方

青:味方
赤:敵
黄:中立


●ヴァタノーザ戦記

グラフィック★★★★★
BGM★★★☆
ストーリー★★★★
難易度★★☆

FCSと呼ばれるロボットで戦う、SRPG。
このジャンルのフリーゲームではファンタジーものが多く、SFものは珍しい。
FCS(作者が以前単独で公開していた)とEHの2本立て。
それぞれ、途中の選択肢によってマルチエンディングになっている。
グラフィックは全て作者の自作であり、非常にうまい。
難易度はそれほど高くないが、EHのほうはこの手のゲームになれてない人には少し難しいので、EASYモードが用意されている(NORMALモードは2週目特典アリ)。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:デジタルファミ通(エンターブレイン)


●RUBY南界編 SOLDIERSラグナロック

グラフィック★★★
BGM★★★★
ストーリー★★★★☆
難易度★★★

六宝石と呼ばれる6つの宝石をめぐる3部作の第1作。
実は第0作があり、そちらはRPGなので別のコーナーで紹介する。
神や怪物の名前など、北欧神話をモチーフにしていると思われるが、ストーリーは完全オリジナル。
グラフィックは、顔グラはオリジナルだが、戦闘画面はサンプルを使用。
ただし、技使用時にはカットインが入るなど、工夫されている。
難易度は、素直にプレイすればクリアできるし、最初の戦闘でコツを味方キャラが教えてくれます。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:るびーふぃーるど


●PLUS〜R外伝〜

グラフィック★★★
BGM★★★
ストーリー★★★★
難易度★★☆

六宝石と呼ばれる6つの宝石をめぐる3部作の第1.5作(?)。
第1作の直後に起こった、第2作以降につながる話という位置づけらしい。
作品の出来としては可もなく不可もなくというところだろうが(そこそこの長さはある)、第2作につながる話なので、プレイして損はないだろう。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:るびーふぃーるど


●北界人神伝〜RUBY2〜

グラフィック★★★★★
BGM★★★★☆
ストーリー★★★★☆
難易度★★★☆

六宝石と呼ばれる6つの宝石をめぐる3部作の第2作。
戦闘画面のオリジナルグラフィックの使用、カットインが派手に、一部に高音質のBGM使用など、全ての面で前作から進化している。
更に、ボーナスポイントの多少によるマルチエンディング、2度途中で二手に分かれるときにプレイヤーはどちらのほうを追っていくか(いずれも後で合流するので、ストーリーには影響ない)、2週目以降5週目までの特典ありなど、やりこみ要素もあります。
オススメの作品です。
*現在第3作は開発無期延期のようです。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:るびーふぃーるど


●BLADE OF CHAOS

グラフィック★★★
BGM★★★
ストーリー★★★★
難易度★★★

2つの国の戦争を舞台にしたSRPG。
剣と魔法の世界で、オーソドックスな感じ。
顔グラはオリジナル、戦闘画面はサンプル使用。
2ch用語や顔文字で会話したり、隠しキャラにとんでもないのが登場する。
また、隠しキャラではないが、「えっ?」と思う人物が途中で味方になるなど、工夫されている。
難易度はそれほど難しいとは思わないが、最後のほうは油断してると簡単に全滅する。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:Vector


●AnotherStory

グラフィック★★★
BGM★★☆
ストーリー★★☆
難易度★★

「BLADE OF CHAOS」の外伝、というか後日談。
登場人物はフィリス、シア、ミトラス、アフマドの4人。
はっきり言って超短編ですが、これらのキャラが好きな人は、やってみては?
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:作者がHP閉鎖されたので、こちらに連絡ください(件名は変えないで!)。


●エルディア大陸戦記1st〜リタニア編〜

グラフィック★★★★★
BGM★★★★
ストーリー★★★★
難易度★★★★

各国が群雄割拠する戦国の世界を舞台にしたSRPG。
かつては一帯を広く統治していた国が、再び覇権を取り戻そうと、再征服を開始する…。
ここで、普通は被征服側の視点で描かれるのが多いのだろうが、この作品の主人公は、征服側の国の小部隊である。
小部隊であるが故に厳しい戦いが続き…ってことで、難易度はなかなか高い。
グラフィックは完全オリジナル、画面いっぱいに映し出される一枚絵も多く、非常にうまい。
戦闘シーンは集団戦闘型。
続編の構想があるそうだが、現在、ストップしているご様子。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:Vector


●ラルファーン戦記

グラフィック★★★
BGM★★☆
ストーリー★★☆
難易度★★★

正義の王国「ラル王国」が悪の帝国「ファーン帝国」を倒すというストーリー(う〜ん、わかりやすい^^;)。
主人公はやたらノーテンキなやつなので、プレイ中は妙に和む。
グラフィックは一部メインキャラの顔グラ以外はサンプル使用なのが残念。
難易度はそんなに厳しくないが、後半の敵はやったらめったら堅いので、気をつけるべし。
長さは非常にボリュームがあり、やりごたえは十分。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:KOMI-GAME


●えるまに

グラフィック★★★★☆
BGM★★☆
ストーリー★★☆
難易度★★★★☆

おかしな世界(これ以上の説明は言葉では難しいです)でおかしな仲間とともに繰り広げられる、ハチャメチャSRPG。
とにかくヘンなヤツばかり出てくるので最初の雰囲気に慣れてしまえば、後はもう飽きさせない。
作者はプロの絵描きを目指しているというだけあって、かなりグラフィックの質は高い。
難易度は、面によって差が激しいが、終盤はかなり厳しい。
特に、最終面の難易度は鬼である。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:信じた馬鹿が俺だった


●魔導詩曲「湖月と紅月」

グラフィック★★★☆
BGM★★★★☆
ストーリー★★★★★
難易度★★★☆

作者の方は「えるまにのパクリ」と言っているが、巷では評判の高いSRPG。
その評判に違わず、非常におもしろい。
グラフィックは作者は経験0だったと言っているが、オリジナルの枚数は多く、十分うまい。
一枚絵も何枚かある(しかも、絵はすべてWindows付属のペイントで描いたそうである)。
サンプル素材の使い方も非常にうまい。
BGMには、何曲か有名な曲が使われていたりする。
ストーリーとしては、前半はえるまにと同じような雰囲気のギャグが続くが、後半は急展開である。
しかも、その内容がすばらしい。
かなりヤバイパロディネタもあったりして(特に前半は!)、笑える。
難易度はそう難しくはないが、自由度の少ないツールの中、非常に工夫されていて、飽きさせない。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:作者が公開停止されたので、こちらに連絡ください(件名は変えないで!)。


●紫天の流れ

グラフィック★★★☆
BGM★★☆
ストーリー★★★★☆
難易度★★☆

「魔導詩曲」の外伝。
終盤にレインハルトが持っていた刀と、「片翼の堕天使」が「片翼の坊主頭」になった謎がこの作品で明らかにされる。
内容的には本編よりさらにギャグがはっちゃけてる感じ。
「魔導詩曲」のギャグが気に入った方にお勧めする、テンポのいい短編SRPGです。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:作者が公開停止されたので、こちらに連絡ください(件名は変えないで!)。


●Teach me neo goddess in little terra 教えてマイトレーヤ

グラフィック★★★★☆
BGM★★★☆
ストーリー★★★★★
難易度★★★★☆

名もなき大陸を舞台とした3部作の第1作。
その世界には3つの国が存在し、またそれ以外の独立勢力や12剣士と呼ばれる強大な力を持ったものも存在する。
3部作は、それぞれ別の国の視点から描かれている。
入手先を訪れていただけたらわかると思うが、非常に細かく世界観を作っている。
そのため、ストーリーは非常に味わい深い。
グラフィックは全て自作、それも、作者のこだわりで全てドット絵である。
戦闘シーンは集団戦闘型(ただし、武将の場合の多くはは単独行動型)。
難易度は、なかなか難しい。
この手のゲームに慣れた方におすすめ。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:さしもしらぬもショーナンロケッティアズ。


●Teach Me Neo Goddess-教えてマイトレーヤ-2

グラフィック★★★★☆
BGM★★★☆
ストーリー★★★★★
難易度★★★★☆

名もなき大陸を舞台とした3部作の第2作。
第1作でのプレイヤーサイドの敵対勢力の視点から、第1作における第3勢力との戦いを描いている。
基本的に第1作同様質が高く、戦闘シーンなどはより迫力を出すために新たな効果音も追加されている。
そして、第1作との最大の違いは、敵、味方ともにバラエティ豊かな戦力になっていること。
このことで、より戦略性は上がっている。
第3作は現在鋭意製作中とのこと。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:さしもしらぬもショーナンロケッティアズ。


●Teach Me Neo Goddess-教えてマイトレーヤ-3

グラフィック★★★★☆
BGM★★★☆
ストーリー★★★★★
難易度★★★★

名もなき大陸を舞台とした3部作の完結編。
今回は、北の大国、アガルタ軍の視点でのお話です。
今回は勝ち戦を巡っていくお話なので、前2作よりも難易度は低めになっています。
相変わらず高質の作品で、特に武将ユニットの戦闘シーンは、前2作よりも進化した感じです。
また、選択肢の違いによって、少しストーリーが変化する仕掛けもあります。
ラストシーンは衝撃的。
難易度が前2作よりは下がったといっても、やはり平均以上の難しさですが、そこまでがんばる価値のある作品です。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:さしもしらぬもショーナンロケッティアズ。


●Quartet of Smoke 〜硝煙の四重奏〜

グラフィック★★★★☆
BGM★★★★
ストーリー★★★★☆
難易度★★★★

「教えてマイトレーヤ」シリーズの外伝。
シリーズ本編からおよそ100年後の話。
モチーフになっているのは、史実のアメリカ南北戦争です。
プレイヤーが操作するのは、北軍サイド。
シリーズ本編で最新鋭兵器として登場した銃が、一般的に使われてくる時代です。
エンディングが結構鬱なので、そういうのが苦手な方はご注意。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:さしもしらぬもショーナンロケッティアズ。


●龍になった少年

グラフィック★★
BGM★★★☆
ストーリー★★★
難易度★★★

軽快なノリの短編SRPG。
非常に展開が速く、アッという間に終わる感じ(まあ、劇中でのタイムリミットが12時間だし)。
短編な割には登場キャラクター数が多く、そのどれもが個性的である。
これが作者の処女作なので、次回作以降にも期待したいところ。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:曇天日和


●メイドさんと紅のドラゴン

グラフィック★★☆
BGM★★★
ストーリー★★☆
難易度★★☆

「ノベル&アドベンチャー」のコーナーで紹介している「メイドさんと柴犬」のメイドさんと柴犬がメインのSRPG。
ということで、セリフとかがエロいです。
難易度の異なる本編のほかに、4種類の番外編が同梱されている、豪華構成。
グラフィックは、メイドさんの顔グラ以外はすべてサンプル。
最初から、敵も味方も能力値が高めで、成長率も高いのが特徴。
本編の長さも短めで、「SUPER HARD」モードでもそんなに難しくはないので、SRPG初心者の方にお勧め。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:礼門屋


●メイドさんと最低の野郎ども

グラフィック★★★★☆
BGM★★★☆
ストーリー★★★
難易度★★★

「メイドさんと紅のドラゴン」の続編。
今回は、メインキャラの顔グラはすべてオリジナル。
また、多くのイベントグラフィックが用意されています。
さらに、敵キャラの多くも、サンプルの顔グラではなく、別の素材を用いています。
戦闘グラフィックはすべてサンプルです。
難易度は前作に引き続きそんなに難しくありませんが、「刻印アイテム」と呼ばれる特殊アイテムをすべて入手しようとすると、少し難しいステージもあります。
非常に殺伐とした世界観で、とにかく人がよく死にます。
メイドさんが可哀想になってきます。
今回も、オマケとして「タイムアタック!」を同梱。
このシリーズ(というより作者)の特徴ですが、相変わらずセリフがエロいです。
<攻略ページ(ネタバレあり)>

入手先:礼門屋


<ゲームレビュー&攻略(?)TOPへ> <サイトTOPへ>
Ads by TOK2