(数字)合わせパズル

キューブ王 海永

[観察]

(数字)合わせパズルは、以下のようなパズルである。ある人が手作りしたものだが、それを撮影させてもらった。

   

大きい正方形の中に、小さい正方形が4*4個配置されている。表(左の図)と裏(中の図)の両方。

小さい正方形の中に数字が置いてある。なお、表裏の配置関係を示すのが、右図。

2*2の正方形に折り畳み、同じ数字を4つを揃えるのがパズルの課題である。内部の2単位分の横線部分に切り込みが入っている。この点は、重要。

8種の絵が割り振ってある。同じ数字には同じ絵である。しかし、絵でなくて、色の方が好ましいだろう。

これは、色を割り振った例。インターネットで探したページ内の写真を元に自分で描いた。右は、ピンク色で揃えた解答例。

黒い線は、切り込み。個別の小さい正方形に方向がないので、こちらの方が最初に示したものよりも少し簡単になるかと思う。

色と数字を合体させたもの。

 

[工作]

工作の材料を揃えれば、小学生でも工作できるようである。

自分で作ってみようかと、100円ショップにいってみたのだが、材料になりそうなものは見つからなかった。残念。

しかし、パワーポイントで描いた絵をプリントし、それに切込みを入れ、周囲をセロハンテープで貼るのはどうか。

というので描いた絵が以下のもの。

この絵をコピーし、パワーポイントに貼りつけ、最大限大きくし、プリントする。これで旨く行くだろう。

 

[攻略法]

かなり面白いパズルといえよう。

攻略法は、省略。と思ったが、1つだけ指摘しておく。1つの小さい正方形を180度回転するには、「左右反転と前後反転」などを適用すればいい。

左図は、4を揃える際の途中状態。上の4を左下に180度回転して移動したい、という状況。

そこで、左右反転して左に移動し、それから上下反転して下に移動すればいい。右図となる。つまり目標の状態である。

 

[5の攻略法] 後から追加(171014)

 

 

5はそれなりに難しいので、1つ攻略法を示しておく。小さい子を前にして、これをやると喜ぶであろう。赤い線は山折り線。青い線は谷折り線。

緑色の2を攻略しているつもりにさせる。右端で、緑色の2が揃うのだが、2の方向が違う。

しまった、間違えたと言って、おもむろに表裏を反転する。すると赤い5が揃っている。

 

戻る

Ads by TOK2