bicubeの攻略法

キューブ王 海永

bandagedキューブとは、ルービックキューブの小立方体がいくつか接合されたものをいうらしい。例えば以下のもの。これはbicubeというらしい。

 

この形のキューブの攻略法を示す。

[観察]

 このbicube、ルービックキューブと同じく、何面見せているかで小片を分類できる。

(1)   大2面体:BN          小立方体3個が接合

(2)   小2面体:WB,SB,…  小立方体2個が接合

(3)   大3面体:SEB,TSW,… 小立方体2個が接合

(4)   小3面体:TSE     小立方体1個で構成

大2面体の位置と方向を固定する。また中抜きはしない(できない)とする。すると臍位置の色は初期状態と同じままである。

大2面体は、常に操作B,Nをブロックする。従って操作B,Nは考えられない。今の初期状態の場合、可能な操作はT,T^,S,S^,E,E^だけである。従って可能な操作で、小3面体TSEが必ず移動するという特徴がある。この特徴は必ず成立する。表層面が回転できるためには、その表層と次層の両方を占める2面体(or3面体)があってはならず、従って、その表層には小立方体2個で構成される2/3面体4個と小3面体が含まれる必要があるからである。

操作Wを行うには、その前に小3面体をW面においておかなければならない。UまたはSが必要になる。

ルービックキューブの場合、位置は正しいが色が違う(スピン)状態があったが、このbicubeではありえない。

 

 

[攻略法]

 (0) 大2面体BNを見つけ、その位置を固定。小3面体TSEを見つけ所定の位置に移動。

(1)   色を無視して、2面体や3面体の配置を初期状態と同じにする。

(2)   それから、色も含めて正しい配置とする。

 

まず(1)だが、最初W面を整える。次にS面を整える。ここまでは簡単。残りのT,S面は試行する内に旨くいこう。説明略。

次に(2)。これは以下の図に従えばいい。まず、位置TSWにある3面体を1,2,3の位置に移動するもの。

次に、位置TSWにある3面体を4,5の位置に移動するもの。

これらの逆処理で、位置TSWに任意の3面体を移動できる。そして順処理で1,2,3,4,5の望みの位置に移動できる。勿論、番号順に収めていくこと。

順処理だけでやってもいい。例えば、3面体WSBENBの位置にもっていくには、操作2を2回繰り返す。

 

戻る

Ads by TOK2