螺旋パズル

キューブ王 海永

螺旋(spiral)パズルは以下のもの。このパズルを紹介する。攻略法は説明しない。

 

 

左が鳥瞰図。5つの片がジグソーパズル風に絡まっていて円盤になっている。1つの片だけ摘んで持ち上げると螺旋階段になる()。パズルの目標は、5つの片を分離すること()。または、分離されていた5つの片を組み合わせて円盤にすること。

 

[観察]

 

 平面図を眺める。中の図を観察すると5つの片が全く同じに見える。5つの片を識別しようがない。そこで、上下を反転する()1つの片にJAPANと書いてある。これで1つを識別できる。また、突起(凸、でこ)と窪み(凹、ぼこ)が共に2種類あることが観察できる。これで5つの片を3種に分類できることになった。

(1) 小凸小凹: JAPANと書いてある片。

(2) 小凸大凹: 凸が小さく凹が大きい片2つ。2つは識別不要。

(3) 大凸小凹: 凸が大きく凹が小さい片2つ。2つは識別不要。

円盤のとき、JAPANを基準に、反時計回りに、小凸大凹、大凸小凹、小凸大凹、大凸小凹という配置しかありえない(右図)

 

[攻略法] 

説明しない。暇な人は、円盤にする方向で挑戦するのがいいと思う。

 

戻る

Ads by TOK2