c

「WW2別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆◆◆◆戦闘機隊 Magyari Vadászrepülőgép
<◆◆◆◆航空機 Repülőgép
<◆◆◆ハンガリー空軍 Magyar Légierő
<◆◆航空 目次
<◆大西洋・地中海方面 目次
<第二次大戦FAQ


 【link】

「Hungaricana」◆ Technikatörténeti Szzéme

『Hungarian Eagles』

『PUMÁK ÉS BOSZORKÁNYOK』


 【質問】
 『ハンガリー空軍のBf109エース』を読んでいて,当時のハンガリー空軍の部隊編成に疑問が浮かんだのですが,例えば,ハンガリー空軍司令部は第1戦闘航空群と2/1FSを,5/Ⅰ戦闘航空群と5/2FSに交代させたとありますが,この場合,2/1FSは第2戦闘航空群第1戦闘飛行隊で,何故,上部部隊が第1戦闘航空群なのでしょうか?
 普通ならば,第2航空群と共に行動しているとおもうのです.
 それとも変則的に別の航空群の指揮下に配属されていたのでしょうか?
 それと,第~航空群とのみの記述がある場合,これは,航空群本部部隊のみを示すのか,それとも指揮下の飛行隊も含んでいるのでしょうか?
 独逸空軍の場合の記述は,理解するのに問題はありませんが,ハンガリー空軍の事になるとこの辺が理解出来ません.

 【回答】
 手元にあるHungarian Air Force(Squadron刊)に依ると,例えば,The 1 Fighter Wingは以下の構成でした.

The 1 Fighter Wing
 1/1 Fighter Group
   1/1 Fighter Squadron
   1/2 Fighter Squadron
   1/3 Fighter Squadron
 1/2 Fighter Group
   1/4 Fighter Squadron
   1/5 Fighter Squadron
   1/6 Fighter Squadron

 1939年当時の編成ですが,The 1 Fighter Wingの下に,1/1 Fighter Groupと1/2 Fighter Groupが編成されています.
 その後の拡張で少しは変わっているのかもしれませんが….

眠い人 ◆gQikaJHtf2 : 軍事板,2004/05/08
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 第二次大戦において,ハンガリーが有した戦闘機は?
Mi az magyar vadászrepülőgépék a második világháborúban?

 【回答】
 以下の通り.

機体 メーカー   備考 機数   就役期間
B-534 Avia (Czechoslovakia) 鹵獲機 民間に払い下げされた,とも. 3 1939-44
Bf-109D-1 Messerschmitt (Germany) 2 1941-42
Bf-109E-4 Messerschmitt (Germany) 50 1944–45
Bf-109G-2 /4 Messerschmitt (Germany) 84 1943-44
Bf-109G-2 /4 /6 M.W.G. (ライセンス生産) 150 1943-44
Bf-109G-8 Messerschmitt (Germany) 偵察機としても使用   12 1944-45
Bf-109G-10 /14 M.W.G. (ライセンス生産)   238 1944–45
Bf-109F-4B Messerschmitt (Germany) 戦闘爆撃機 66 1942-43
Bf-110E-4 /G-2 Messerschmitt (Germany) 「E型は無かった」説も有り 6 1944–45
Bf-110G-4 Messerschmitt (Germany) 夜間戦闘機 12 1944-45
Cr.32 /32bis Fiat (Italy) 76 1936-42
Cr.32ter /32quater Fiat (Italy) 36 1936-44
Cr.42 Fiat (Italy)   72 1939-45
Fw-190F-8 Focke-Wulf (Germany) 戦闘爆撃機  72 1944–45
He-112B-0 Heinkel (Germany) 3 1939-44
Ju-88A-14/C-6 Junkers (Germany) 爆撃機としても使用  32 1944-45
Me-210Ca-1 Messerschmitt (Germany) 他に160機を爆撃機等として使用  16 1944–45
P.11a P.Z.L. (Poland) 1 1939-44
Re.2000 Falco Reggiane (Italy) 70 1941-43
Re.2000 Héja MÀVAG(ライセンス生産) 他に2機を急降下爆撃機として使用  196 1942-44
Varga RMI-1 X/H Ganz(Hungary)  ジェット戦闘爆撃機 試作のみ 1 --- 
Varga RMI-2 X/G Ganz(Hungary)   RMI-1の空力試験機 ? --- 
WM-23 Ezüst Nyil Wiess Manfred (Hungary)  He-112を元に開発した試作機 1? --- 
Yak-4 Yakovlev (USSR) 鹵獲機? 1 1942-43

 【参考ページ】
ジョルジョ・プンカ『ハンガリー空軍のBf109エース』(大日本絵画,2003)
『航空機 第二次大戦1 万有ガイド・シリーズ4』(小学館,1981)
秦郁彦編『第2次大戦 世界の戦闘機隊』(酣燈社,1987)
http://www.niehorster.org/015_hungary/_aircraft.html
http://www.warbirds.jp/data/cz/htm/b534.htm
http://www.warbirds.jp/data/hun/hun_vr.htm
http://tanks45.tripod.com/Jets45/Index.htm
http://military.sakura.ne.jp/world/w_wm23.htm

mixi, 2017.2.1


 【質問 kérdés】
 MÁVAG 「ヘーヤ」って何?
Mi az MÁVAG Héja?

 【回答 válasz】
 MÁVAG 「ヘーヤ」は第二次世界大戦の戦闘機で,ハンガリー王立空軍によって東部戦線に投入された.
A MÁVAG Héja második világháborús vadászrepülőgép volt, melyet a keleti fronton sikerrel használt a Magyar Királyi Honvéd Légierő.

 1939年12月,ハンガリー政府はイタリアからレジアーネ Reggiane Re.2000戦闘機を70機輸入した.
1939 decemberében a magyar kormány 70 darab Reggiane Re.2000 vadászgépet vásárolt Olaszországból.
 Re.2000の愛称は「ファルコ Falco」であったので,ハンガリー語でやはり「鷹」を意味する「ヘーヤ Héja」と呼ばれた.

 「ヘーヤ」はすぐに空軍基地には行かず,Magyar Királyi Állami Vas-, Acél- és Gépgyárak (ハンガリー王立鉄鋼機械工場,MÁVAG)に運ばれた.
 ここでピアッジョ Piaggio P.XI エンジンをハンガリー製のヴァイス・マンフレート Weiss Manfréd WM K-14に換装する改修が行われた.
 このエンジンはハミルトン3枚羽根定速プロペラを装備したもので,フランスのグローム・ローン Gnome-Rhône 14Kエンジンのライセンス生産型だったが,ピアッジョ・エンジンもやはりグローム・ローンのライセンス生産品なので,それ自体には問題はなかった.
 ただ,重心が変わってしまうため,胴体の長さを前方に向かって3フィート延長する必要があった.

 ハンガリーは実機と共にライセンス生産権も購入していた.
 ハンガリー国内での「ヘーヤ」生産は,直ちに決定された.
 輸入された機体は「ヘーヤ」I,ライセンス生産された機体は「ヘーヤ」IIと呼ばれる.
 オリジナルの機体はブレダ12.7mm機銃を搭載していたが,ヘーヤIIでは12.7mmゲバウエル機銃を搭載.
 ヘーヤIが7.99mであるのに対し,ヘーヤIIは8.39m.
 最高速度はヘーヤIの530km/hに対し,ヘーヤIIは485km/h(高度4200m時)と若干低下した.
・エンジン・カバーがヘーヤIより若干小さくなっている
・機銃弾倉を納めるための盛り上がりがコックピット手前にある
・プロペラ・スピナーがない
のが,外見上の主な差異.

 ヘーヤIIの生産は1944.8.1まで行われ,203機が生産された.
 Re.2000ファルコの総生産数は約170機だったから,本家よりも多く作られたことになる.

 「ヘーヤ」は1942年7月,東部戦線で初めて実戦投入された.
 第1航空師団1/1FS(戦闘飛行隊)の11機が,クルスク近郊の基地に展開し.
 8月3日までには2/1FSの11機も前線展開した.
 前年にハンガリー軍が東部戦線に送った戦闘機は複葉のフィアットCR.42だったことを考えれば,各段の進歩と言えるのだが,1942年の東部戦線では「ヘーヤ」すら旧式化していた.
 また,機構が複雑なために故障が多発し,東部戦線ではたちまち稼働率が低下.
 摂政ホルティ・ミクローシュの息子,ホルティ・イシュトヴァーンも,この戦闘機(V.421号機)に乗っているときに事故死した.

 そのため,メッサーシュミットBf-109戦闘機が配備されるようになると,ヘーヤは本土防空と訓練用に回された.
 1943年半ば,ハンガリー国防相チャタイ・ラヨシュ大将は,本土防空戦備に関して次のように述べている.
「現在,我々は『ヘーヤ』50機を保有している.
 だが,これらはアメリカのリベレーター爆撃機に対抗できない.
 将来,練習機につかえるというだけの存在だ」

 1944.4.13,米軍の爆撃機,数百機ががハンガリーにやってきたとき,ヘーヤも邀撃に上がり,爆撃機の護衛のP-38やP-47との空戦を展開.
 しかし1000馬力級の戦闘機では,戦う前から苦戦は目に見えており,その日は1機被撃墜,2機が損傷を受けた.

 以後,本土防空もBf-109の役回りとなり,ヘーヤは専ら訓練に用いられたという.

 【参考ページ Referencia Oldal】
ジョルジョ・プンカ『ハンガリー空軍のBf109エース』(大日本絵画,2003)
http://www.repulomuzeum.hu/VirtualHangar/Heja/heja/mavagheja.html
http://www.air2ww.webd.pl/wegry/hejja/hejja.htm
http://www.keptelenseg.hu/auto-motor/a-mavag-heja-112765?full

3面図-wikipediaより

mixi, 2017.10.17


 【質問】
 ハンガリー空軍のBf-109 E型について,以前「河馬之巣」などの掲示板で「使われた」「使われない」などと,いろいろと議論されておりました.
 眠い人様は,このE型について何か写真や詳しい資料等をお持ちでしょうか?
 そういうものをお持ちでしたら,ぜひともハンガリー空軍のE型について詳しく教えてください.
 よろしくお願いします.

 【回答】
 Squadron社が出していたGeorge Punka著“Hungarian Air Force”と言う本当たってみたところ,1941年に国防省がドイツからBf-109のLicense生産を行おうとしたと言う話がありました.
(実際,生産は1942年から開始された訳ですが)
 ただ,工場立ち上げまでに期間があったので,ドイツに対し,30機のBf-109を注文したようです.
 これが,E型引渡説の根拠になったと思われます.

 但し,このときにドイツから引き渡されたのは,僅か3機のBf-109Dで,その後,Bf-109F-4bが引き渡され,G型が引き渡されていったようです.

ちなみに,戦闘機のシリアル体系としては以下のものが挙げられています.

(昼間戦闘機)                        (夜間戦闘機)
V.001:Messerschmitt Bf-109F-4/G(49機)       M.002:Messerschmitt Bf-110G-4(15機)
V.060:Fiat C.R.32(旧オーストリア空軍)(36機)     Z.001:Messerschmitt Me-210Ca-1(12機)
V.101:Fiat C.R.32(オリジナル)(76機)
V.201:Fiat C.R.42(70機)
V.301:Heinkel He-112(4機)
V.310:Messerschmitt Bf-109G(80機)
V.401:Reggiane Re2000 SerieI(70機)
V.471:Reggiane Re2000 SerieII (28機)
V.502:Reggiane Re2000 SerieII Heja(70機)
V.601:Messerschmitt Bf-109D(3機)
V.606:Reggiane Re2000 SerieII Heja(81機)
V.751:Messerschmitt Bf-109G-2(48機)
V.801:Messerschmitt Bf-109G-6(98機)
V.951:Messerschmitt Bf-109G-2(3機)
V.001:Messerschmitt Bf-109G-10(99機)
V.101:Messerschmitt Bf-109G-10/14(99機)
V.201:Messerschmitt Bf-109G-10(21機)
V.501:Focke Wolf Fw-190F-8(70機)

眠い人 ◆ikaJHtf2 : 軍事板,2003/03/20
青文字:加筆改修部分


 【質問 kérdés】
 WM-23 「Ezüst Nyil」って何?
Mi az WM-23 "Ezüst Nyil"?

 【回答 válasz】
 WM-23 「Ezüst Nyil」は,ハインケル He-112をもとにハンガリーのヴァイス・マンフレート Weiss Manfred 社で開発された戦闘機(図1)
 「Ezüst Nyil」は「銀の矢」の意味.
三面図 - wikipediaより

 Samu Béla シャム・ベーラ技師の設計チームによって,1939年夏より開発開始.
 He-112との間の違いは殆ど無かったが,主翼は木製となっていた.
 また,エンジンはヴァイス・マンフレートWM K-14/B 空冷星型14気筒エンジン,1030馬力.
 これはフランスのグローム・ローン 14Kfrs のライセンス生産型だった.
 武装は
12.7mm Danuvia(Gebauer)GEP機関銃×2
8mm Danuvia(Gebauer)GAP機関銃×2
 最高速度は530 km/h.

 試作機は1940.2.23完成.
 同年春から1941年初めまで,試験が続けられた.
 良好な飛行特性を示したが,高速飛行中に機体が断続的なエルロン振動を起こす問題があり,解決には至らなかった.

 1941年4月,右補助翼破壊により試作機は墜落し,テスト・パイロットはパラシュートで脱出.
 折しもハンガリーではメッサーシュミット Bf-109Gのライセンス生産が始まっていたため,試作機の修復はされないことになった.

 同社では
・モノコック胴体,DB 605エンジン搭載の全金属製 WM-123 Ezüst Nyil II(図2)
・WM-23B偵察機
・WM-23G訓練機
なども計画していたが,全て中止された.

 素直にライセンス生産しておけば,モノになったのでは?と思わぬでもない.

 【参考ページ Referencia Oldal】
http://surfingbird.ru/surf/i.hj5a79a#.Wdx3melryUk ※図1~2引用元
http://www.airwar.ru/enc/fww2/wm23.html
https://www.masodikvh.hu/haditechnika/repulogepek/magyar-repulogepek/1283-wm-23-ezuest-nyil-vadaszgep
http://www.aviastar.org/air/hungary/weiss_wm-23.php
https://www.masodikvh.hu/haditechnika/repulogepek/magyar-repulogepek/1283-wm-23-ezuest-nyil-vadaszgep

mixi, 2017.10.10


 【質問 kérdés】
 RMI-1って何?
Mi az RMI-1?

 【回答 válasz】
 RMI-1 (RMIは航空技術研究所の略称)は別名をX/Hと呼ばれる,ハンガリーの駆逐機(戦闘機)および偵察機.
Az RMI–1 (RMI – Repülő Műszaki Intézet), más jelzéssel X/H magyar romboló (csatarepülőgép) és felderítő repülőgép.
三面図 - wikipediaより引用)

 ヴァルガ・ラースロー Varga László 技師によって開発された双発機で,計画されたものとしては世界初のターボプロップ機だった.
(ちなみにカプロニ・カンピニn.1はモータージェット機)
 開発は1940年に始まり,イェンドラシック・ジェルジ Jendrassik György 技師が開発した世界初のターボプロップ・エンジンである,CS-1 ガスタービン・エンジンを搭載することになっていた.
(図1)

 しかし1941年,CS-1はリング・バーナーの問題により,開発が頓挫.
 X/H機はダイムラー・ベンツ DB605エンジンのライセンス生産品を装備するよう設計を変更.
 1943.8.5(1942年9月とするサイトもあり)に機体が完成し,各種地上試験を開始.

 一方,X/Hの空力実験機であるX/Gは,Argus As.10Cエンジン(240 hp)を搭載し,一足先に試験飛行を開始した.
 この機体は木製翼,鋼管胴体構造で,重心の問題に対処するための試験飛行.
 だが,X/Gは初期不良のために不時着,損傷し,実験は一時中断.
 ちなみに,RMI-2という機体名は,このX/Gの別名である.

 一方,本命のターボプロップ・エンジンが完成しないX/Hは,同年12月に,予定を変更してDB605に換えてユンカース・ユモJumo 210Eエンジンを搭載し,試験飛行を準備.
(写真1)
 ところが1944年6月,米軍機の爆撃でハンガーもろとも完全に破壊された.

(サイトによっては,初飛行・損傷したのはX/Hのほうだとするものもあって,このあたり,戦争末期の混乱した状況を彷彿とさせる)

 結局,ハンガリー空軍ではRMI-1よりもライセンス生産にとりかかっていたメッサーシュミットMe-210のほうに期待をかけていたこともあって,開発はそれ以上先には進まなかった.

 【参考ページ Referencia Oldal】
http://tanks45.tripod.com/Jets45/Histories/Varga/Varga.htm
https://library.hungaricana.hu/en/view/ORSZ_KOZL_TechnTortSzle_05/?query=SZO%3D(iskola)&pg=133&layout=s
https://www.secretprojects.co.uk/forum/index.php?topic=10543.0
http://www.airwar.ru/enc/bww2/varga.html
http://alternathistory.com/samolety-laslo-varga-varga-xh-rmi-1-xh-xg-rmi-2-xg-vengriya?mini=calendar%252F2015-10 ※写真1,図1引用元

mixi, 2017.10.20


 【質問 kérdés】
 イェンドラシック Cs-1って何?
Mi az Jendrassik Cs-1?

 【回答 válasz】
 イェンドラシック Cs-1は世界で初めて駆動したターボプロップ・エンジン.
A Jendrassik Cs–1 volt a világ első működőképes légcsavaros gázturbinás hajtóműve.
 イェンドラシック・ジェルジ Jendrassik György技師によって,ハンガリーの駆逐機(重戦闘機)/偵察機RMI-1の動力として1937年に設計された.
Jendrassik György tervezte 1937-ben, később a magyar tervezésű RMI–1 romboló és felderítő repülőgép hajtóművének szánták.


 エンジンは15段の圧縮機と7段のタービンから成る軸流式.
 環状の吸気口が,プロペラ用の減速歯車を取り囲むように配置されおり,排気口も環状に配置されていた.
 (図1)はエンジン断面図を示す.
 13,500 rpmで回転時に出力1,000 bhpを出す予定だった.
 だが,1940年に行われた最初の地上試験では,燃焼の問題等により出力は約400bhpに制限された.

 しかし,Me-210のライセンス生産が決まったため,計画は中止となった.

 Cs-1の実物はブダペシュトの国立技術博物館に展示されている.
A igazi Cs-1 a budapesti Országos Műszaki Múzeumban kiállít.
写真 - wikipediaより)

 【参考ページ Referencia Oldal】
http://www.tailsthroughtime.com/2015/08/the-jendrassik-cs-1-worlds-first_25.html
https://www.sztnh.gov.hu/hu/magyar-feltalalok-es-talalmanyaik/jendrassik-gyorgy ※写真1引用元
http://remotelab.energia.bme.hu/index.php?page=jendrassik_turbines&lang=hu ※図1引用元
http://balaton-modell.gportal.hu/gindex.php?pg=3083346&nid=614830 ※写真2引用元
https://kepesrepules.wordpress.com/2013/05/09/jendrassik-gyorgy-a-legcsavaros-gazturbina-magyar-uttoroje/ ※写真4~6引用元

mixi, 2017.10.24


 【質問 kérdés】
 RMI-1のヴァリエーションは?
Milyen RMI-1-i variációk van?

 【回答 válasz】
X/H
 RMI-1の別称
 戦闘機/偵察機
 別項参照

X/G
 RMI-2の別称
 空力試験機
 別項参照

Z/G
 別称RMI-3
 X/Gの急降下爆撃訓練機型

Z/G
 別称RMI-4
 RMI-3の軽爆撃機版?

 【参考ページ Referencia Oldal】
https://library.hungaricana.hu/en/view/ORSZ_KOZL_TechnTortSzle_05/?query=SZO%3D(iskola)&pg=133&layout=s
https://www.secretprojects.co.uk/forum/index.php?topic=10543.0

mixi, 2017.10.21


 【質問 kérdés】
 RMI-8って何?
Mi az RMI-8?

 【回答 válasz】
 RMI-8 X/Vは試作戦闘機.
Az RMI-8 X/V egy prototípus vadászrepülőgép.
 マルトン・ヴィルモシュ,マルトン・デジェー,ヴァルガ・ラースローによる設計なので,サイトによっては「マルトン X/V」などと呼んでいるものもある.

 米軍によるハンガリー爆撃が激化した結果,強力な迎撃機が必要との考えに到り,1942年終わりから開発が始められた.

 機体やエンジン配置はオランダのフォッカーD-23とよく似ており,双支持架プッシャー式,かつ,コックピット前後にDB-605エンジンを各1基搭載.
 主胴体の一部はBf-109を流用している.
(図1)
(模型写真1)
 全幅:11.8 m.
 長さ:10.2m.
 2基合計約3000馬力で最高速度580km/hを目指した.
 武装は機首に8mmゲバウエル8mm機銃×2,主翼に30mm MK-108機銃×2.
Az fegyverzete 2 db 8 mm-es Gebauer géppuska a törzsben, 2 db 30 mm-es MK-108-as gépágyú a szárnyakban.

 1943年には機体の組み立てが始まり,1944年にほぼ完成はしていたらしい.
 写真が残っている.
(写真1)
 しかし1944年4月13日,RMIの工場ごと破壊され,開発は頓挫したという.

 【参考ページ Referencia Oldal】
http://balaton-modell.gportal.hu/gindex.php?pg=3083346&nid=617623 ※写真1&図1引用元
http://www.klueser.eu/kit.php?index=1159&language=en ※模型写真1引用元
https://www.simpleplanes.com/a/qRGt21/RMI-8-X-V
http://www.airwar.ru/enc/fww2/marton.html
http://cyber.breton.pagesperso-orange.fr/hongrie/rmi_8.htm

https://www.youtube.com/watch?v=9QhltfMQ7LA

mixi, 2017.11.3


 【質問 kérdés】
 XNI-02「カメーレオン Kaméleon」って何?

 【回答 válasz】
1)
 カメレオンはしんりんちほーの(ry
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30676420

 XNI-02 カメーレオン(XNI-02 Kaméleon)は第二次大戦中,ハンガリーのヴァイス・マンフレート社において開発されたジェット戦闘機.

 ハンガリーでは1928年,フモー・アルベルト Fonó Albert技師が世界で初めてラムジェット・エンジンの特許を取得.
 また,1937年以降,イェンドラッシク・ジェルジ Jendrassik György 技師を中心に RMI-1 X/Hシリーズのターボ・プロップ機の開発に従事していた.
 RMI-1は双発機で,重戦闘機型と偵察機型とがあった.

 だが第二次大戦が始まると,ハンガリーの航空機産業はRe2001「ヘーヤ」やBf-109のライセンス生産に忙殺され,開発は遅延.
 大戦末期,連合軍機による空爆に晒されるようになって,劣勢のハンガリー空軍はそこでようやくジェット戦闘機のことを思い出したが,RMI-1の開発は1944年夏,RMI(航空研究所)付属の工場を爆撃されたことにより頓挫していた.

 そこでハンガリーでは,手っ取り早く開発を進めるために,既存のものを組み合わせるという方法をとった.
 エンジンは,ドイツ製のBMW 003軸流式ターボジェットエンジンを輸入し(将来的にはライセンス生産する予定だった),2基を胴体両脇に装備.
 主翼と尾部はJu-87から,そして胴体は不時着して鹵獲されたP-51マスタング戦闘機を流用し,1944年末までに試作機1機の完成に漕ぎ着けた.
 包囲されつつあるブダペシュトにおいて慌ただしく初飛行が行われ,12/27,ブダペシュト近郊に残る最後の飛行場にソ連軍戦車が踏み込む直前,カメーレオン戦闘機は離陸.
 味方のいるウィーン方面へ飛び去ったとされるが,その後の状況は不明である――

 以上,エイプリルフール用ジョークとして,「カメーレオン」戦闘機のウソ話が1970年代末にハンガリーの航空雑誌『Repülés』に載ったそうなので,史実をまぶしてウソを膨らませてみました.

 【参考ページ】
http://live.warthunder.com/post/551156/en/
http://jobbikit.hu/vilagunk/tortenelem/csodafegyverek-2vilaghaboruban-1-resz
http://www.unicraft.biz/on/kameleon/kameleon.htm

「カメーレオン」試作機写真
(こちらより引用)

「カメーレオン」想像図
(こちらより引用)

「カメーレオン」三面図
(こちらより引用)

2017.4.1
注意! この項はエイプリル・フールのネタです


◆◆◆◆◆戦闘機パイロット


 【質問】
 ハンガリー空軍の戦闘機パイロットたちは戦後どうなったの?

 【回答】
 ハンガリーの戦闘機乗りたちには戦後の悲惨な後日談があります.
 下士官はともかく士官だった人は戦後,ハンガリー人民軍の空軍を創設するのに協力したにもかかわらず,皆スターリン時代の粛正に遭い,中には絞首刑になった人もいました.
 動乱後釈放された人も,未熟練労働者や門番の仕事くらいしかなく,彼らについて話すのはタブーで,1989年にTobak Tiborというもと第101「ピューマ」戦闘機連隊のパイロットだった人の本が出で,初めてWW2のハンガリー空軍の活躍が知られるようになったようですね.

 亡命してアメリカの民間航空のパイロットになったヘッベシュ隊長のような,幸運なケースもありますが.

 ちなみに11月にオスプレイ軍用機シリーズから『ハンガリー空軍Bf109のエース』が出る予定です.
 ハンガリー語の固有名詞がどういうカタカナになっているか心配ですが,軍装のイラストは楽しみです.

軍事板,2003/09/24
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 セントジェルジ・デジェーって誰?
 3行以上で教えて!

 【回答】
 セントジェルジ・デジェー Szentgyörgyi Dezső は第二次大戦ハンガリー空軍のトップ・エース.
 撃墜数30½
 戦後,1950~1956年まで投獄され,釈放後は民間機パイロットとなったが,1971年,航空機事故により死亡した.

✜     ✜     ✜

 1915.1.6,ケークート Kőkút 生まれ.
 エニング Enying の街で教育を終えると,18歳の時にハンガリー空軍に志願.
 彼は戦闘機パイロットを希望したが,教育レベルが十分でなかったため,最初は整備士となる.
 航空機整備士専門学校を優秀な成績で卒業したが,その間,操縦訓練を受ける機会を与えられた.
 1938年,セーケシュフェーヘトヴァール Székesfehérvár の飛行士学校を優秀な成績で卒業.
 戦闘機パイロットとしての訓練を受けた後,フィアットCR.32戦闘機を保有する,ハンガリー北部の1/2戦闘飛行隊に配属さる.

 1939.3.24,爆撃機を護衛する任務に就き,初めて実戦に参加.
 1941年春,Re2000戦闘機への機種転換訓練を受ける.
 1942年夏,同戦闘機を装備した1/1戦闘飛行隊は東部戦線へ派遣され,セントジェルジ軍曹も東部戦線へ行くことになった.
 同年8.7,チュカーシュ・カールマン少佐とペアを組んで飛行していたセントジェルジは,「敵」爆撃機の編隊を潰走させたと報告.
 しかし間もなく,それはドイツ空軍のHe-111爆撃機の3機編隊だったことが明らかとなり,少佐はドイツ空軍への謝罪を余儀なくされた.
 同年10.7,Bf-109Gへの機種転換訓練を開始.
 1/1戦闘飛行隊のパイロットの機種転換訓練が完了すると,彼らはドイツ空軍第52戦闘航空団第1飛行隊「第1ハンガリー戦闘爆撃中隊」に吸収され,ウラソヴォを基地として,イタリア第8軍を支援するため,10月25日より戦闘爆撃任務に従事.
 1943.1.20,ドン川防衛が困難となり,「第1ハンガリー戦闘爆撃中隊」はハリコフへ,さらにクルスクへと避難.
 1943.6.26,グラスノイエ飛行場を攻撃に向かう爆撃機を,ファービアーン・イシュトヴァーン上級伍長を伴って護衛任務中,ソ連軍の迎撃機と交戦,Yak-1戦闘機(Yak-7説もあり)を撃墜して,これが彼の初戦果となった.
 同年8.3,ソ連軍はベルゴロド-ハリコフの方向に向けて反攻を開始し,セントジェルジ軍曹は早朝と午後,それぞれ1機を撃墜してエースとなった.
 同年8.7の出撃が,東部戦線での最後の任務となり,休暇のため,彼は帰国した.
 東部戦線における出撃数142,撃墜数6.

 1944.5.1,ハンガリー本土防空のため,第101戦闘航空群「プーマ」が編成されると,101/2戦闘飛行隊「レテク」に配属された.
 同年5.30,「プーマ」の全飛行隊が一斉出動.「レテク」にとっては初出動だったが,レーダー管制不正確のため,会敵せず.
 同年.6.14,初の米軍機撃墜(P-38)を記録.
 同年11.16,准尉に昇進した.
 ブダペシュト攻防戦を経た後,1945.3.15,本来は士官に与えられる武勲黄金勲章に推薦さる.
 同年3月末には,ハンガリー軍戦闘機隊はオーストリア国境近くまで避難.
 1945.4.16昼頃,ホーフシュッテッテンの東にて,Yak-9戦闘機1機を撃墜.
 これが彼の最後の戦果となった.
 1945.5.5,「プーマ」は使用不能の全戦闘機を焼却し,パイロットらは米軍の捕虜となった.

 復員後,彼は1946~1949年の間,Maszovlet(ハンガリー・ソヴィエト航空)のパイロットを務め,その間に結婚した.
 だが1950~1956年,反共産党の容疑で投獄さる.
 釈放後の1957年,マレーヴ・ハンガリー航空 Malév Hungarian Airlines のパイロットとなった.
 1971.8.28,コペンハーゲン空港において,イリューシンIL-18搭乗中,航空機事故により死亡した.

 現在,ハンガリー空軍には彼にちなんで命名されたMH 59「セントジェルジ・デジェー」基地が存在している.

 【参考ページ】
秦郁彦他『第2次大戦 世界の戦闘機隊』(酣灯社,1987),p.280
ジョルジョ・プンカ『ハンガリー空軍のBf109エース』(大日本絵画,2003)
http://sandorsan.hu/hiresmagyarok/szentgyorgyiD.htm
http://www.mh59.hu/rovatok/hu/bazis/nevadonk/szentgyorgyi_dezso/
http://www.jetfly.hu/mh-59.-kecskemet/82-nevadonk-szentgyorgyi-dezso
https://hu.wikipedia.org/wiki/Szentgyörgyi_Dezső

【ぐんじさんぎょう】,2016/05/31 20:00
を加筆改修

 【質問】
 デブレーディ・ジェルジって誰?

 【回答】
 デブレーディ・ジェルジ Debrődy György は第二次大戦におけるハンガリー空軍第2位のエース・パイロット.
 総撃墜数26.

 1921.1.1,ラヨシュコマーロム Lajoskomárom 生まれ.
 早くから空を飛ぶことに興味を覚え,高校卒業後,1939年に カッシャ Kassa にある空軍飛行学校入学.
 1942.6.18,卒業して少尉任官し,5 / I 戦闘群 5/2.飛行隊に配属.
 同年12月,東部戦線へ.乗機はRe2000戦闘機.
 1943年春より,Bf-109Gへ機種転換訓練を受ける.
 同年5.26,Bf-109Gに乗って戦線復帰.
 当初は戦闘爆撃任務だったため,敵との交戦機会を得られなかったが,同年7.5,クルスク戦の最中にLa-5を撃墜,初スコアを挙げる.
 同年8月下旬までに6機を撃墜してエースとなる.
 同年9.25,Yak-9に撃墜され,戦線より15km後方の敵地に不時着.
 しかも不時着地点はソ連軍の対空陣地の近くだった.
 しかし彼はドニエプル川を渡河,民間人の助けを借りてドイツ軍側の戦線へ帰還した.
 1944.2.1,Yak-9戦闘機に撃たれ,再び戦線後方の氷雪の敵地に胴体着陸.
 デブレーディ機にソ連兵が走って来るのを見た僚機のケニェレシュ・ミクローシュ Kenyeres Miklós は,その近くに着陸,デブレーディをコックピット内に押し込んで離陸,脱出した.
 その二日後,今度はケニェレシュが対空砲火に撃墜され,敵地の森の中にパラシュートで降りたが,森であるためにデブレーディは自機を着陸させることができず.
 彼は必死に上空を旋回し続けたが,ケニェレシュは捕虜となった.

 1944.4.3よりアメリカ第15航空軍がハンガリー本土の空襲を開始し,そのため,デブレーディらベテラン戦闘機パイロットは本土に呼び戻される.
 東部戦線における彼の撃墜数,18機.
 彼は新編された第101本土防衛戦闘航空群の101/3飛行隊に配属さる.
 ヴェスプレーム Veszprém を基地とする,通称「ドロートケフェ Drótkefe」(「ワイヤーブラシ」)飛行隊.
 1944.6.14,初の米軍機(P-38)撃墜を記録.
 その後も戦果を重ねる.

 ソ連軍がハンガリー国境に迫ると,ハンガリー戦闘機隊はソ連軍との再びの交戦を余儀なくさる.
 1944.11.4,中隊長ベイチ・ヨージェフ Bejczy József がソ連軍の対空砲火により戦死したため,デブレーディは中隊長に昇進.
 同年11.16,La-5を撃墜した直後,Yak-9と正面から撃ち合ってこれも撃墜するも,自身も腹部に弾を受け,辛うじて味方戦線内に不時着.
 重傷だったが手術で一命をとりとめる.
 回復後,大尉に昇進し,161/4中隊長に就任したが,もはや実戦で飛ぶこともなく終戦を迎えた.

 戦後はドイツで旅客機の機長を勤めた後,戦後に再会した友人のケニェレシュと共に,最初はスペイン,次にカナダ,最後はアメリカへ移住した.
 1967年,再手術を受け,最後の戦闘での「置き土産」,12.7mm機関銃弾を摘出.
 1982.2.2,コートランドにて死去.

 叙勲;
リボン・剣付き騎士十字勲章
剣付き士官十字勲章
武勲黄金勲章
南方領土功績章,
トランシルヴァニア功績章,
そして,ドイツの一級・二級鉄十字章.

撃墜機種一覧:

1943.

1. 1943.07.05. La-5

2. 1943.07.07. Il-2

3. 1943.08.03. Il-2

4. 1943.08.05. Yak-1

5. 1943.08.06. Il-2

6. 1943.08.08. Yak-1

7. 1943.09.25. Yak-9 not confirmed

8. 1943.12.01. Yak-9

9. 1943.12.14. Il-2



1944.

10. 1944.01.01. Il-2

11. 1944.01.05 La-5

12. 1944.01.11. Il-2

13. 1944.01.11. La-5

14. 1944.01.25. Yak-1

15. 1944.01.27. La-5

16. 1944.02.03. La-5

17. 1944.02.16. Il-2

18. 1944.02.16. Il-2

19. 1944.06.14. P-38

20. 1944.06.16. P-38

21. 1944.07.02. P-51

22. 1944.07.07. B-17

23. 1944.07.27. B-24

24. 1944.11.05. B-24

25. 1944.11.16. La-5

26. 1944.11.16. Yak-9

 【参考ページ】
秦郁彦他『第2次大戦 世界の戦闘機隊』(酣灯社,1987),p.280
ジョルジョ・プンカ『ハンガリー空軍のBf109エース』(大日本絵画,2003)
http://magyarokforrasa.hu/debrody-gyorgy.html
http://bekavsz.blogspot.jp/2010/04/debrody-gyorgy.html
http://sky.geocities.jp/zero52_fullthrottle2/material_ace_Hungarian_Air_Force.html
http://www.honvedelem.hu/cikk/24195/volt-ludovikas-hosok

デブレディ・ジェルジ肖像写真
こちらより引用)

その乗機
こちらより引用)


 【質問】
 トート・ラヨシュって誰?

 【回答】
1)
 トート・ラヨシュ Tóth Lajos (1792–1855) は,ケチケメート Kecskemét の敬虔な司祭にして,修道院長.

2)
 トート・ラヨシュ Tóth Lajos (1856–1926) は,医師であり薬理学者.
 後に健康行政にも政治的に関与した.

3)
 トート・ラヨシュ Tóth Lajos (1876–1936) は弁護士にして,ハンガリー科学アカデミー会員.

4)
 トート・ラヨシュ Tóth Lajos (1878–1962) はトランシルヴァニアの司祭にしてジャーナリスト.

5)
 トート・ラヨシュ Tóth Lajos (1917–1984) はサッカー選手.
 1946年にハンガリー代表の一員となった.

6)
 トート・ラヨシュ Tóth Lajos (1922~) は陸軍少将.
 1957~1961年,ズリーニ・ミクローシュ陸軍士官学校 Zrínyi Miklós Katonai Akadémia 校長を務めた.
 ズリーニ・ミクローシュ国防大学 Zrínyi Miklós Nemzetvédelmi Egyetem (ZMNE) から名誉博士号を授与されている.

7)
 トート・ラヨシュ Tóth Lajos (1939~)はサッカーのゴールキーパー.
 1960~1968年,セゲド EAC Szegedi EAC にてプレー.
 1969~1971年には ラーバ Rába ETOに所属した.

8)
 トート・ラヨシュ Tóth Lajos (1963~) はアニメーター.
 ブボー博士 Dr. Bubó シリーズなどに携わった.

9)
 トート・ラヨシュ Tóth Lajos (1922-1951) は第二次大戦ハンガリー空軍の戦闘機パイロット.
 撃墜数は26機で,同国第3位のエース.
 戦後,共産党政権によって投獄され,1951年に処刑された.

*     *     *

 2002年9月,彼はようやく発見された.
 発見されるには,DNA鑑定技術が進歩するまで待たねばならなかったのである.
 彼が埋葬されていたのは新国立墓地の298番地.
 今まで分からなかったはずである.
 彼は別人の名前で埋葬されていた.

 トート・ラヨシュが逮捕されたのは1951.3.3のことだった.
 逮捕したのは秘密警察であるAVH(「ÁllamvédelmiHatóság 国家保護局」).
 ラーコシ時代,人口1000万人のハンガリーで,投獄された者は130万人にも上った.
 でっち上げ裁判の後,同年6.11,他の12人と共にブダペシュト監獄においてトートは処刑された.

 冷戦終結後の1990年,彼の無罪は立証され,中佐の名誉称号が贈られた.
 トートの支援者たちは,彼の遺体の所在が分からぬまま,新国立墓地301番地に仮の墓を作った.
 以来,遺体探しが続いていたのである.

 トート自身,こうなることは予想できたのだろう.
 戦後直後,彼はアメリカに移住しようとし,次にポーランド空軍に入隊しようとした.
 だが,どちらからも拒否される.
 1947年,やむなく帰国.
 1948年,新生ハンガリー空軍に彼は入隊.
 1950年には大尉に昇進していた.

 なにしろ彼は第二次大戦終結時にはエースパイロットであったし,「Retek」飛行隊を率いる少尉であった上,叙勲の高さでは第二次大戦ハンガリー・エースのランキング第2位であったから,戦後のその地位も,まずは妥当と言えた.

 彼が「Ratek」飛行隊指揮官となったのは1944.11.16のことで,それから半月しかたたないうちにバラトン湖南岸までソ連軍が侵攻してきた.
 彼らハンガリー人パイロット達は,ソ連陸軍の侵攻から逃れながら作戦を続け,1945.4.14,ウィーン近くのハウスレンテンにてIl-2を2機撃墜したのがトートの最後の戦果となった.

 トートがハンガリー本土防空戦に転任したのは1944.5.1のことで,その当初は相手は米軍機だった.
 彼は第101「プーマ」戦闘航空団に配属された.
 「Retek」(大根)は,その中の第2航空群の中の一隊.
 トートは米軍機相手に22回の出撃をし,4機を撃墜した.

 1944.7.7,彼はテート近くでP-38戦闘機を1機不時着させたが,遅れて救援に駆け付けてきたP-38,12機に今度は自分が撃墜された.
 5度目の被撃墜.
 彼は辛くも機から脱出したが,パラシュートが開いたのは,地上から僅か100mの高度だったという.

 そこに,ファルディ Faludi 伍長によって撃墜(未公認記録)されたP-38のパイロット,チャールズ・C・ウォーカー中尉が,パラシュートで降りてきた.
 怒り狂った群衆が,ウォーカーをリンチにかけようとした.
 トートはそれを制止し,ウォーカーの命を救った.
 二人は握手して別れたが,その瞬間をアマチュア・カメラマンが写真に写していた.
 これが後日,「敵との親交行為」として問題視され,「プーマ」指揮官 ヘッペシュ・アラダール Heppes Aladár 大佐が政治力を行使して,トートに累が及ばないよう取り計らわねばならなかった.
 カーライ内閣までの時代なら問題にもならなかったろうが,親ナチ政権下ではそうはいかなかったのである.

 彼が最初に撃墜されたのは,まだ東部戦線にいた頃,1943.10.3のことだった.
 このとき彼は重傷を負い,戦線後方の敵地側に不時着した.
 しかし彼はドニエプル川を泳ぎ切り,味方部隊に合流することができた.
 東部戦線での彼の最後の戦果は1944.2.27のP-39.
 東部戦線では彼は95回出撃し,11機を撃墜した.

 彼が東部戦線に派遣されたのは1943年4月で,5/2飛行隊所属だった.
 彼は1943.9.5に最初の撃墜を記録し,9.28にはドニエプル川屈曲部下流の敵地上空においてIl-2を2機撃墜,エースとなった.
 当時の彼は,1942.12.6に王立ホルティ・ミクローシュ空軍飛行学校を卒業したばかりの少尉だった.
 彼がそこに入校したのは1940年のことだったが,エンジン故障による不時着を4度も経験する稀有な生徒となったので,その経験が被撃墜の際に役立ったろうことは想像に難くない.

 2003.9.10,トート・ラヨシュは新国立墓地298番地に改めて埋葬された.
 2016.6.28現在,ハンガリー語版wikipediaにも単独項目がない悲劇のエースと言えよう.

撃墜機一覧(公式記録による)
1. 1943年  8月. 05. Il-2 キエフ-Uzsin  ※研究家の多くは,これを認めていない.
2.   9月 05. La-5 ゼンコフ Zenkov  
3.   9月 25. Yak-1 キエフ  
4.   9月 28. Il-2 キエフ方面  
5.   9月 28. Il-2 キエフ方面  
6.   11月05. Il-2 キエフ方面  
7.   11月06. Il-2 キエフ方面  
8.   11月29. Il-2 Zsitromir K  
9. 1944年  1月 15. La-5 Sosovo-Valnovszka  
10.   2月 27. P-39 Kirovograd D  
11.  

igazolt

légi győzelem  ※研究家の多くは,これを認めていない.
12.   6月 16. P-47 KQ-KR  
13.   6月 27. B-17 Szentendre  
14.   7月07. P-38 Tét  
15.   11月05. B-24 LP-4  
16.   11月13. Yak-9 Tápiószele  
17.   11月16. Il-2 Apatin  
18.   12月 05. Yak-9 HT-3,6  
19.   12月 09. Yak-9 KS-5  
20. 1945年  1月 04. Lag-5 Bicske DK  
21.   1月 21. Yak-9 HS  
22.   1月 23. Lag-5 Lovasberény  
23.   1月 23. Lag-5 HS-3  
24.   3月 09. La-7 Gárdony DK  
25.   3月 20. Yak-9 Csór É  
26.   4月13. La-7 ウィーン É  
27.   4月14. Il-2 CN-5 ウィーン ÉK  
28.   4月14.

Il-2

CN-5 ウィーン ÉK  

 【参考ページ】
ジョルジョ・プンカ『ハンガリー空軍のBf109エース』(大日本絵画,2003)
http://forum.warthunder.com/index.php?/user/292258-hebime/?tab=reputation&app_tab=forums&type=received&st=480
http://vo101.pumasqn.hu/puma-eletrajzok/Puma_eletrajzok_11old.html
http://magyarszarnyak.uw.hu/katrep_10/gaal_legi_gyozelmek.html

トート・ラヨシュ肖像写真
こちらより引用)

【ぐんじさんぎょう】,2016/06/29 20:00
を加筆改修


 【質問】
 モルナール・ラースローって誰?

 【回答】
 モルナール・ラースロー Molnár László は,第二次大戦ハンガリー空軍の第4位のエース.
 撃墜数25½

 1921.5.1,ソムバトヘイ Szombathely 生まれ.
 1939年に高校を卒業すると,カッシャ Kassa の空軍飛行学校に入校.
 1942.6.18,卒業し准尉任官.
 5/I航空群に配属され,東部戦線に派遣さる.
 彼の指揮官は彼のいとこの ウーイサーシ・ジェルジ Újszászy György だった.
 Bf-109Gへの機種転換訓練の後,1943.8.16に戦闘任務に復帰.
 その日のうちにIl-2を撃墜し,これが彼の初戦果となった.
 その年の終わりまでに彼は8機を撃墜し,「Oroszlán(ライオン)」の綽名をつけられる.
 その後,帰還時に燃料を使い果たしていた彼が,飛行場近くの豆畑にうまく着陸したことで,別の綽名「Paszulyos(インゲン豆)」の綽名も頂戴することになる.
(後者の綽名については異説あり)

 1943.11.2,低空飛行して対地攻撃を行っていたところ,ソ連軍の対空砲火により,頭部に負傷したが,味方の戦線内に緊急着陸した.

 1944.1.8,彼は一回の出撃で4機(Il-2×3,La-5×1)を撃墜.
 第二次大戦ハンガリー空軍において,1度の出撃での最多撃墜記録となった.
 その数日後には,やはり一回の出撃で2機撃墜を記録する.

 1944年,彼はハンガリー本土に呼び戻される.
 東部戦線での総撃墜数18.

 1944.5.1,第101「プーマ」戦闘航空群が編成されると,彼は101/3「"ドロートケフェ Drótkefe"(ワイヤーブラシ)」飛行隊に配属される.
 1944.6.14,初の米軍機撃墜(P-38)を記録.
 その後も戦果を重ね,ハンガリー空軍のトップ・エースとなっていたが,1944.8.7,ドイツ空軍のBf-109G-6/R6「重戦闘機」隊の援護任務中,P51に撃墜された.
 彼は乗機から脱出してパラシュートを開こうとしたが,着地する前にP51に撃たれて死亡した.
 その日,「プーマ」飛行隊は18機中,8機を喪失.
 ラースローのほか,ニェメツ・ヤーノシュ Nyemecz János 准尉も戦死.
 カラーツォニ・ミハーイ Karátsonyi Mihály 少尉も大やけどを負う,「暗黒の日」となった.

 死後,彼は中尉に昇進した.

撃墜機種一覧:

1943.

1. 1943.08.16. Il-2

2. 1943.09.08. Yak-1 not confirmed

3. 1943.09.08. Yak-1?

4. 1943 early autumn Soviet single-engine

5. 1943 early autumn Soviet single-engine

6. 1943.10.07. La-5

7. 1943. October La-5?

8. 1943. October Il-2

9. 1943. December Soviet single-engine

1944.

10. 1944.01.08. Il-2

11. 1944.01.08. Il-2

12. 1944.01.08. Il-2

13. 1944.01.08. La-5

14. 1944. January Il-2

15. 1944. January Soviet fighter

16. Early 1944 Soviet single-engine

17. Early 1944 Soviet single-engine

18. Early 1944 Soviet single-engine

19. Early 1944 Soviet single-engine

20. 1944.06.14. P-38

21. 1944.07.07. B-24

22. 1944.07.07. B-24

23. 1944.07.26. P-38

24. 1944.07.27. B-24

25. 1944.07.30. B-24

26. 1944.07.30. B-24

 【参考ページ】
ジョルジョ・プンカ『ハンガリー空軍のBf109エース』(大日本絵画,2003)
http://forum.warthunder.com/index.php?/user/292258-hebime/?tab=reputation&app_tab=forums&type=received&st=480
http://www.ww2incolor.com/hungary/Molnar+Laszlo+hdgy.html
https://in.pinterest.com/pin/9077636727469856/
http://rendjel.myhunet.com/templates/page_plus/molnar.htm
http://www.pumaszallas.hu/pumak-es-a-tobbiek-a-2-vilaghaboruban/eletrajzok/magyar-eletrajzok/106-molnar-laszlo.html

空軍公式のモルナール肖像写真
モルナールの乗機(東部戦線)
(こちらより引用)

mixi, 2016.5.15


 【質問 kérdés】
 ケニェレシュ・ミクローシュって誰?
Ki az Kenyeres Miklós?

 【回答 válasz】
 ケニェレシュ・ミクローシュは18機を撃墜した,WW2ハンガリー空軍のエース・パイロット.
 デブレーディ・ジェルジの僚機を務め,不時着したデブレーディを,付近に着陸して救出したエピソードで比較的有名.
 同空軍トップ・エースだったが,1944.4.3,敵の対空砲火によって撃墜され,捕虜となった.

 1921.9.27,ニーレジハーザ Nyíregyháza 生まれ.
 1943~44年,東部戦線で飛行任務.
A keleti arcvonalon 1943 augusztusától 1944 februárjáig repült bevetéseket.
 後のトップ・エース,デブレーディ・ジェルジがその僚機を務めた.

 1944.2.1,デブレーディ機がYak-9戦闘機に撃たれ,戦線後方の氷雪の敵地に胴体着陸.
 デブレーディ機にソ連兵が走って来るのを見た僚機のケニェレシュは,その近くに着陸,デブレーディをコックピット内に押し込んで離陸,脱出した.

 その二日後,今度はケニェレシュが対空砲火に撃墜され,敵地の森の中にパラシュートで降りたが,森であるためにデブレーディは自機を着陸させることができず.
 彼は必死に上空を旋回し続けたが,ケニェレシュは捕虜となった.
 そのときまでケニェレシュはトップ・エースだったが,彼の撃墜記録は18機で止まった.
 最終階級,少尉.

 1945年夏,終戦により解放.
 戦後,デブレーディと共にイタリアに移住.
 1947年,スペインに移住した.

 1997.10.12,死去.

<叙勲>
・リボン・剣付きハンガリー騎士十字章
・武勲銀小勲章
・ハンガリー勇気黄金勲章
・一級火焔十字章
・ドイツ一級鉄十字章
・ドイツ二級鉄十字章

 ネット上に顔写真の一枚も無い,プロの研究家の書籍でも,撃墜記録の一部しか判明していない,というのはいったい何があったのやら…

 【参考ページ Referencia Oldal】
ジョルジョ・プンカ『ハンガリー空軍のBf109エース』(大日本絵画,2003)
https://www.magyarhuszar.hu/hir/kenyeres-miklos-es-v-debrody-gyorgy-hadnagyok
http://magyarszarnyak.uw.hu/katrep_10/kenyer_legiharc.html ※写真1引用元
http://magyarszarnyak.uw.hu/katrep_10/gaal_legi_gyozelmek.html

mixi, 2017.10.26


 【質問 kérdés】
 ファービアーン・イシュトヴァーンって誰?
Ki az Fábián István?

 【回答 válasz】
1)
 ファービアーン・イシュトヴァーン(1809~1871)はジェール Győrの研究家,言語学者であり,MTA(ハンガリー科学アカデミー)会員.
Fábián István (1809–1871) győri kanonok, nyelvész, az MTA (Magyar Tudományos Akadémia) tagja.

2)
 ファービアーン・イシュトヴァーン(1903~1961)は文学史家.
Fábián István (1903–1961) irodalomtörténész.

3)
 ファービアーン・イシュトヴァーン(1946年~)はスポーツ・ジャーナリスト.
Fábián István (1946-) sportújságíró.

4)
 ファービアーン・イシュトヴァーン(1953年ブダペシュト生)は詩人であり,また,デザイナーグラフィックアーティスト.
Fábián István ( Budapest , 1953 .) költő, tervező-grafikus.

5)
 ファービアーン・イシュトヴァーン(1955年~)はカヤック選手,コーチ.
Fábián István (1955-) kajakozó, edző.

6)
 ファービアーン・イシュトヴァーン(1956年~)は化学者,教授.
Fábián István (1956-) kémikus, egyetemi tanár.

7)
 ファービアーン・イシュトヴァーンは第二次大戦ハンガリーのエース・パイロット.
Fábián István a magyar ász pilóta a második Világháborúban.
 総撃墜数16½で,これはハンガリー空軍の中では6番目に多い.
Lelőtt 16 repülőgépet, ez a hatodik legnagyobb a magyar légierőben.
 また,他に撃墜不確実が6機ある.
 最終階級,准尉.
(写真1)

 下士官出身の叩き上げ.
 頭が大きいことから「コポニャ Koponya (頭蓋骨)」とあだ名された.

 チェコ分割に伴う軍事占領作戦の頃から軍務に服しており,終戦までの出撃回数は100回に近いベテラン.
 ハンガリー人戦闘機パイロットとしては初めてドイツ一級鉄十字章受章.

 独ソ戦勃発後,ファービアーン伍長の属する5/IFG(戦闘航空群)はブダペシュト防衛の任に就いていたが,1943年1月,ウマニ飛行場においてBf-109への機種転換訓練を受け,4月よりヘッペシュ少佐指揮下でハリコフ戦に参加.

 その後,クルスク戦にも参加.
 1943.6.26,1/1FSに属してセントジェルジ軍曹とファービアーン上級伍長は,グラスノイエ飛行場攻撃に向かう爆撃機を護衛中,ソ連軍戦闘機10機の迎撃を受け交戦.
 セントジェルジとファービアーンはYak-1を各1機撃墜した.

 同年7月頃,ヘッペシュの部隊には「ピューマ」という愛称が付けられたが,8月,ハリコフをソ連軍が奪回する前にパルターヴァに撤退.
 その後,さらにカルロフカ,キエフ,そして9月末にウシンに撤退した.

 同年9月28日,ファービアーンとケレキ・カーロイ軍曹は,トート・ラヨシュ少尉の指揮するパトロール隊に加わり,ドニエプル川屈曲部下流の敵地上空を飛行中,前線から約40km入ったところで,30機のIl-2を攻撃.
 トートが2機,ファービアーンとケレキが各1機ずつ撃墜し,ファービアーンはエースとなった.

 1944年5月,ハンガリー空軍が本土防空戦のために第101本土防衛戦闘飛行群(FG)を編成すると,ファービアーン上級伍長は101/2FS(戦闘飛行隊)に所属.

 同年6月14日,ブダペシュト近郊の石油精製施設爆撃のために飛来した700機以上の米軍機に対し,ファービアーンらは出撃.
 彼はP-38を1機撃墜した.

 同年6月30日,ブダペシュトを目指す爆撃機450,戦闘機160から成る編隊に対し,ファービアーン軍曹らが迎撃.
 ファービアーンはB-24爆撃機を1機撃墜した.

 その後,101FGは規模拡大されて第101航空戦闘団(FW)となったが,101FWのアメリカ第15航空軍に対する作戦は11月7日に終わり,それ以降はハンガリー本土に侵攻するソ連第2・第3ウクライナ方面軍との戦いに忙殺された.
 同年11月13日,101FWは102FGと統合作戦を行い,午後,ハンガリー平原上空での戦闘において,ターピオーセレ北方でファービアーンはYak-1を撃墜した.

 同年12月にブダペシュトが包囲されると,空戦の焦点もそちらに移る.
 悪天候で出撃できない日も多かったが,12月21日,天候が少し良くなったので,101/2FSが出撃し,ヴェレンツェ湖付近でソ連戦闘機と正面から交戦.
 ファービアーン軍曹はLa-5を撃墜した.

 1945年1月16日,湿っぽい曇天の下,出撃した2個戦闘飛行隊は,爆撃機隊の護衛につき,ファービアーン曹長はピンツェヘイ北方でPe-2を,シャールセントミハーイ上空でYak-9をそれぞれ1機撃墜.
 その帰路,Ju-52m輸送機2機を攻撃するLa-5×4機を発見して,ファービアーンはそのうち1機を撃墜した.

 ブダペシュト陥落後の2月19日,イポリ川上空へ出撃.
 ファービアーンはタルドシュにてLa-5を2機撃墜した.

 1945年3月,ドイツ軍は「春の目覚め」作戦を開始.
 これを空から攻撃しようとするソ連軍機との間で,大規模な空戦が起こったが,9日にはドイツ軍の攻勢は早くも息切れし始めた.
 3月12日,ファービアーンは准尉に現地昇進.
 3月15日,パーズマーンド南西でIl-2を撃墜.
 3月19日15:00少し前,セントジェルジ准尉以下4機が出撃し,ファービアーンは ナーダシュダーニ北方においてIl-2を撃墜.
 これが最後の戦果となった.

 その後,ハンガリー空軍は後退を重ね,「ピューマ」戦闘機隊は1945年5月4日,オーストリアのラッフェルディンクにおいて米軍に降伏した.

撃墜記録
1943. 6.16  ソ連領内
2 Yak-1    6.26  グリェスノイエ 
Il-2    7.3  ベルゴロド Belgorod 北方 
  7.7  ソ連領内 
(不確実)  Il-2    7.7   ソ連領内 
(不確実) ?   8.3  ソ連領内 
(不確実) ?   8.4  ソ連領内 
(不確実) ?   8.6  ソ連領内 
(不確実) ?   8.9  ソ連領内 
5 Il-2   9.28  ペレスラーフ Pereszlav
6 La-5    9.28  ペレスラーフ Pereszlav
(不確実)    10.28   ソ連領内 
(共同撃墜)  P-38  1944.  6.14  プスタヴァーム北方
7 B-24    6.30   ヴェスプレームピンコーチ Veszprémpinkóci
8 Yak-9    11.13   ターピオーセレ Tápiószele 北方
9 La-5   12.20  エールド付近 
10 Pe-2  1945  1.16  ピンツェヘイ北方 
11 Yak-9    1.16   シャールセントミハーイ Sárszentmihály
12 La-5   1.16  シャールセントミハーイ Sárszentmihály 
13 La-5   2.19  タルドシュ Tardos
14 La-5   2.19  タルドシュ Tardos
15 Il-2   3.13   パーズマーンド Pázmánd 南西
16 Il-2   3.19  ナーダシュダーニ Nádasladány 北方

<叙勲>
 南部領土功労章
 北部トランシルヴァニア功労章
 武勲銀小勲章×2
 武勲銀大勲章
 武勲銀青銅勲章
 一等火焔十字章
 ドイツ一級鉄十字章
 ドイツ二級鉄十字章

 【参考ページ Referencia Oldal】
ジョルジョ・プンカ『ハンガリー空軍のBf109エース』(大日本絵画,2003) ※写真1引用元
http://magyarszarnyak.uw.hu/katrep_10/gaal_legi_gyozelmek.html

mixi, 2017.10.29


 【質問 kérdés】
 ヘッペシュ・アラダールって誰?
Ki az Heppes Aladár?
 【回答 válasz】
 「勇者」・ネメシュ・ベレーンイェシ・ヘッペシュ・アラダール・アレズレデシュ Vitéz nemes belényesi Heppes Aladár alezredes(1904年11月20日 - 1988年8月15日)はWW2ハンガリー空軍の「プーマ」戦闘団の指揮官.
(写真1 1.fénykép)
 彼自身も8機(+未公認4機)撃墜のエース・パイロッである.
 戦後はアメリカへ移住し,同国で死去.

✈     ✈     ✈     ✈     ✈     ✈

 1904年11月20日,貴族の次男としてアラドに生まれる.
 1916年,彼の父親はロシア戦線において英雄として戦死し,アラダールとその兄ミクローシュは戦争孤児として軍学校に入校した.
Édesapja 1916-ban hősi halált halt az orosz fronton, ezért Aladár és bátyja, Miklós hadiárvaként katonaiskolába került.
 優秀な成績で高校相当の学業を修め,ルドヴィカ・アカデミーに入校.
Középiskolai tanulmányait kitűnő eredménnyel végezte el, és ennek köszönhetően felvették a Ludovika Akadémiára.
 同校卒業後,1928年に,兄の在籍していた秘密空軍に入隊.
 パイロット訓練修了後,偵察部隊に配属された.

 1935年,戦闘中隊へ転属し副隊長となる.
 所属中隊のエンブレムとしてピューマの頭のマークを考案し,以後ヘッペシュの指揮する部隊の飛行機にはこのマークが付けられるようになった.
 1937年,中隊長に昇格.
 1941年9月,CR.42装備の第5戦闘航空団・第I戦闘航空群(5/I航空群)司令.

 1942年12月,5/Iはスターリングラード戦に出動.
 同年12月末,ヘッペシュはBf109Fへの機種転換訓練を開始.

 1943年1月13日,ソ連軍がハンガリー第2軍への攻勢を開始したため,5/Iが展開しているウラソヴォ飛行場は包囲さる.
 ヘッペシュらは地上戦闘を重ねながら,1月20日に包囲網を突破して西へ脱出.

 1943年4月,少佐に昇進.
 5/I航空群を率いてハリコフに移動.
 5月30日,ドイツ軍爆撃機護衛中にYak-1戦闘機12機と交戦し,うち2機を撃墜.
 これがヘッペシュにとっての初撃墜だった.
 7月6日,ヴォルチャンスク上空でIl-2を撃墜.
 8月3日,はHe-111護衛中,Yak-1を撃墜.
 12月末,5/I航空群本部と5/1飛行隊は本国帰還.

 1944年4月3日からアメリカ第15航空軍によるハンガリー空襲開始.
 5月1日,第101本土防衛戦闘航空群が編成され,ヘッペシュが指揮官に就任.
 6月26日,アメリカ爆撃機・戦闘機の大編隊に対してピューマ部隊も全戦力で迎撃し,ヘッペシュはB-24を2機撃墜してエースとなった.
 その後,7月2日と7月8日にもB-24を1機ずつ撃墜.
(図1 ヘッペシュの乗機Bf-109G6,1944年春)

 1944年9月半ば,101航空群は2個航空群から成る第101戦闘連隊へと拡充されたが,ヘッペシュ連隊長の出撃は禁じられる.
 第101戦闘連隊はソ連軍がハンガリー全土を占領した後もオーストリアに移動して戦いを継続.
 1945年5月,同地にて終戦を迎え,米軍に投降.

 戦後,ヘッペシュは共産主義者の牛耳る祖国に帰国せず,オーストリアにとどまった.
 1951年,アメリカ移住.
 生活は困難で,前歴から様々な嫌がらせを彼と彼の家族は受け,遂には離婚することになった.
 1988年8月15日,リッジフィールドで死去.

 【参考ページ Referencia Oldal】
秦郁彦他『第2次大戦 世界の戦闘機隊』(酣燈社,1987),p.281
ジョルジョ・プンカ『ハンガリー空軍のBf109エース』(大日本絵画,2003)
http://www.pumaszallas.hu/pumak-es-a-tobbiek-a-2-vilaghaboruban/eletrajzok/magyar-eletrajzok/104-heppes-aladar.html
https://www.masodikvh.hu/szemelyek/g-l/h/3024-heppes-aladar ※写真1引用元
https://www.arcanum.hu/hu/online-kiadvanyok/Lexikonok-magyarorszag-a-masodik-vilaghaboruban-lexikon-a-zs-F062E/h-F09B4/heppes-aladar-F0A13/
http://luftwaffeprofiles.blogspot.jp/p/bf-109-profiles-unkown-units.html ※図1引用元

mixi, 2017.12.11


 【質問 kérdés】
 ピリティ・マーチャーシュって誰?
Ki az Pirity Mátyás?

 【回答 válasz】
 「マチ Matyi 」ことピリティ・マーチャーシュ(1911.12.28~2003.5.17)は,ハンガリー生まれの航空機パイロット.
(写真1)

 1911年生まれのピリティは30年代,民間航空会社「マルヴェヴ Malvev」のパイロットだった.
 だが,ヨーロッパ情勢が厳しさを増す中,彼はハンガリー空軍に召集された.

 1939年春,ハンガリーとスロヴァキアの間で国境紛争勃発.
 ウングヴァル Ungvar 飛行場を基地とする第1航空団第1航空群第1飛行隊「Íjász (射手)」の第3ウィングに属し,CR.32複葉戦闘機に搭乗して出撃した.
 同紛争におけるピリティの最も成果を挙げた出撃は3/24のもので,この日,ピリティらのCR.32×3機は,スロヴァキア空軍のアビアB-534戦闘機3機に護衛された,レトフ Š.328爆撃機3機に遭遇.
 空戦により,ピリティが爆撃機を1機,他のCR.32がもう1機の爆撃機を撃墜.
 そこにアヴィア戦闘機が3機空戦に加わったが,この戦闘でハンガリー側は敵戦闘機6機のうち5機を撃墜したと主張している.
 この戦闘によりピリティはMagyar Érdemrend Lovagkeresztje hadiszalagon kardokkal(剣付きハンガリー十字戦功章)を授与されている.
 (写真2)はCR.32を背景にして立つピリティ.

 1939.11.30,ソ連がフィンランドに侵攻してソ・フィン戦争勃発.
 1939.12.7, ピリティ中尉とベーカーッシ・ヴィルモシュ Békássy Vilmos 准尉(写真4),そしてヴァダシュ・ラースロー Vadas László はフィンランド大使館に行き,義勇パイロットとしてフィンランド空軍に加わりたい旨,申請した.
 後にヴァダシュは申請を取り下げたが,残る2人は12.10,ブダペシュトの東駅を出発し,ベルリン,スウェーデン経由でフィンランドに入国した.
 彼は1940.12.16,フィンランド空軍入隊が認められ,フィンランド機での訓練を受けた.
 訓練機はグロスター「ゲームコック」,グロスター「ブルドッグ」,そしてJ-6B「ヤクトファルケン」.

 1月,ピリティらはスウェーデンからフィンランドへフィアットG.50戦闘機を空輸する任務に就いた.
 フィアットG.50は,冬戦争直前にフィンランドがイタリアに発注した航空機だったが,ドイツによる領内通過拒否により,フィンランド到着が遅れていた.

 2/8,「FA-3」にピリティは搭乗したが,悪天候のため空輸失敗.
 この日,同じ任務に就いたベーカーッシ准尉は,ボスニア湾上空で行方不明となった.
 悪天候によって失見当識となり,燃料切れで墜落したとみられる.
 2/15,今度は成功したかに見えたが,燃料切れを起こしてナーンタリ Naantali 近郊に不時着.
 地元住民に燃料補給を手伝ってもらい,ツゥルク Turku に到着することができた.

 輸送任務が終わると,ピリティはLLv 26(第26戦隊)に配属された.
 3/2,彼はフィアットG.50「FA-1」に搭乗して,彼としては初めての冬戦争での戦闘飛行に出撃.
 以降,ピリティは22回出撃し,SB-2爆撃機1機を損傷させたとされている.
 そして彼はフィンランドからフィンランド飛行章を授与された.

 停戦後,1940.3.28にピリティはフィンランドを去り,2日後にハンガリーに到着した.
 そしてハンガリー空軍に復帰.
 第1飛行群第102飛行隊に配属され,ユンカースJu-52輸送機のパイロットとなった.

 戦後,彼はソ連に一時抑留される.
 その後,帰国するも間もなくオーストラリアに移住した.
 スターリンに忠実なハンガリーのラーコシ政権にとっては,冬戦争においてソ連軍に抵抗したことは反革命であり,ピリティは反革命の側に身を投じたとしてブラックリストに載ることになったからである.
 オーストラリアにおいて彼は,フィンランド政府から改めてTalvisodan Muistomitali(冬戦争従軍章)を授与された.
 オーストラリアで移民が暮らしを立てるのは難しく,彼は同国では運輸省において政治漫画を描く仕事をしていたという.
 (写真3)は1950年代のピリティとその家族.
 娘のネオミ・タウンゼント(中央)は2004年現在も同地に在住している.

 1993年,ピリティはハンガリーに帰国し,晩年をブダペシュトで過ごした.
 2003.5.17,死去.
 葬儀は5.27に行われ,多くのパイロット仲間の他,フィンランド領事とその随行員も出席したという.

 【参考ページ Referencia Oldal】
https://forum.axishistory.com/viewtopic.php?t=70091&start=3315
http://www.virtualpilots.fi/hist/WW2History-Inmemorian-pirity-English.html ※写真1~3引用元
http://www.wysocki.hu/old/irasok/dok/ravasz_finn.pdf
http://magyarszarnyak.uw.hu/katrep_10/vagv_finn_hab.html ※写真4引用元
齋木伸生『フィンランド軍入門』(イカロス出版,2007)

mixi, 2017.8.12


 【質問】
 ホルティ・イシュトヴァーンって誰?

 【回答】
 ホルティ・イシュトヴァーン Horthy István は摂政ホルティ・ミクローシュの長男で空軍パイロット.

 1904.12.9,ポーラ生まれ.
 1918,リエカにあった海軍兵学校入学.
 しかしオーストリア=ハンガリー二重君主国の崩壊により,兵学校は閉鎖となった.
 そこで彼はヨージェフ・ナードル József Nádor 工科大学機械工学部入学.
 1928年,卒業し,アフリカを遊学した.
 1929年に帰国後,MÁVAG社に勤め,424型機関車設計などに携わった.
 1940年,伯爵家の娘イローナと結婚.
 第二次大戦勃発後,1/1戦闘航空隊所属の戦闘機パイロットとして東部戦線に派遣さる.
 操縦技術は工科大学時代,飛行クラブで習得していた.
 1942.2.19,摂政ホルティが高齢であること,また,万一のドイツによる摂政暗殺に備え,ハンガリー議会から正式に摂政代理に指名さる.
 国防相は彼に帰国命令を出したが,彼は命令に背いて軍務を続けた.

 同年8.3,ドン川上空においてHe-46偵察機を護衛中,彼と僚機はソ連軍戦闘機LaGG-3複数と遭遇.
 彼は敵機に命中弾を与え,ソ連軍機は煙を曳きながら雲中に姿を消した.
 だが,これが大地に激突するところを見た者はなく,撃墜は確認されなかった.

 同年8.18 0500時を過ぎてすぐ,彼が率いるRe2000戦闘機2機は,偵察機の護衛のため出動した.
 だが,ホルティのRe2000(V.421号機)は,飛行場から上昇しようとした時,失速して墜落,彼は死亡した.
 その知らせは8.20にはハンガリー本国に伝達されたが,奇しくもこの日は「聖イシュトヴァーンの日」という祝日だった.
 最終階級,中尉.
 総撃墜数,未確認1.

 ミサが終わって長男の死を知らされた摂政ホルティは,二度も気を失い,カーライ首相の腕の中に倒れこんだ.
 ようやく気を取り戻したホルティは,カーライに言った.
「しっかりせねば.これからあの子の母親に,あの子の死を伝えねばならないのだから」

 墜落原因は操縦ミスである可能性が有力.
 また,Re2000は機械トラブルが多く,パイロットたちは必ず2機のペアになって飛ぶよう命令されていたほどだった.
 だが一方で,ゲシュタポがドイツ嫌いのイシュトヴァーンを時限爆弾で暗殺したのではないか?という噂が流れた.
 彼はドイツ嫌いで有名で,また,ユダヤ人排斥にも反対していたからだ.
 摂政ホルティは生涯ナチスの謀略を疑ったという.

 【参考ページ】
高川邦子『ハンガリー公使大久保利隆が見た三国同盟』(芙蓉書房出版,2015), p.122-123, 135-136
ジョルジョ・プンカ『ハンガリー空軍のBf109エース』(大日本絵画,2003),p.7-9
http://www.rubicon.hu/magyar/oldalak/1942_augusztus_20_horthy_istvan_kormanyzohelyettes_halala/
http://szegedma.hu/hir/szeged/2012/08/vitez-nagybanyai-horthy-istvan-emlekezete-fotok-videok.html
http://www.bibl.u-szeged.hu/bibl/mil/ww2/who/horthy_istvan.html



その国葬の模様(ドイツ語)

mixi, 2016.5.24

 確認が必要なのですが,ゲッレールトの丘の女神像は元々彼の慰霊碑として計画されたという話を聞いたことがあります.
 今は棕櫚の葉を持っていますが,元々はプロペラを持っていたとか.

ギシュクラ in mixi,2016年05月24日

 google検索してみますと,日本語版wikipediaにはそうした記述がありますが,ハンガリー語版のほうでは「架空のホルティ伝説」
>A fiktív Horthy-legenda
とあって,否定的なようですね.
 要約すると,そういう像を製作する予定はあったが,それは「自由の像」とはデザイン的に別のものだった,と.
(誤読でしたら失礼)
https://hu.wikipedia.org/wiki/Szabads%C3%A1g-szobor_(Budapest)

mixi,2016年05月24日


目次へ

「WW2別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

Ads by TOK2