c

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ
"2ch." katonai BBS GYIK Kvázi-top oldala felé

サイト・マップへ Oldaltérkép felé

「未分類草稿別館 wiki」トップ・ページへ
Az "Besoroltatlan Vázlat wiki" Oldal Tetejéréje felé

目次へ Index felé

●初心者歓迎 スレを立てる前に此処で質問を 269
Várjuk a kezdő! Mielőtt megalkotunk egy új szál, kérjük kérdezzek itt 269

青文字:加筆改修部分
 ただし,「である」「です」調の統一のため等の補正を除く.
Kék karaktert: retusált vagy átalakított rész
Azonban, kivéve a korrekciót s a más, hogy úgy korrigáljuk, hogy egyesítse normal stílus "dearu である" s udvarias stílus "deszu です"

※レス回収基準値は「v.e.r. = 8」
Res felépülés Kritériuma van "v.e.r. = 8"

※既出Q&Aの関連記述は,「追記」で処理.
Úgy kezeltem a Fentiekből Q&A-nak vonatkozó leírása, mint egy "egyszer írható".

※編集に手間取りそうなもの,または,調査が必要なもの等は,<保留>として後日回し.
Az res volt folyamatban és kerülták ki , hogy szánjonok időt szerkesztni vagy ki kellem vizsgálni.

目次 Index


** 【質問 kérdés】
564 :563:2006/05/20(土) 12:59:35 ID:Et0fDvy7
海軍陸戦隊は戦車を保有していたそうですが,最大時で何両くらいあったのでしょうか

 【回答 válasz】

65 名前:眠い人 ◆gQikaJHtf2 投稿日:2006/05/21(日) 15:51:33 ID:ASEl6u4b ?
>9の564
太平洋戦争勃発時は八九式と九五式軽戦車合わせて数両程度+クロスレイ装甲車9両程度と
ちよだ急造装甲車数両程度か,と.
後,特二式内火艇は1942~45年に184両,特三式内火艇が1944~45年に19両,特四式内火艇
が同じく50両程度なので,精々行ったとしても100両を越えることが無かったのではないか,と.

眠い人 ◆gQikaJHtf2 :軍事板,2006/05/21(日)
"2 csatornás" katonai BBS, 2006/05/21 (vasárnap)

青文字:加筆改修部分
Kék karaktert: retusált vagy átalakított rész


** 【質問 kérdés】
 【回答 válasz】



>10の587
次回から催促はしないようにして下さい.

少なくとも九七式中戦車初期生産型には穴が開いていません.
九七式中戦車改からは穴が開いているものも見受けられます.
九七式中戦車は工場によって標準生産型とは異なるものもありますので,一概には
言えませんが,何処かの工場生産分ではそうした型が有ったのかもしれません.

その位置(フェンダー内側で,穴の中ではありませんが)に発煙弾発射機を設置した
九七式中戦車がありましたので,発煙弾発射機ではないかな,と思いますが.

眠い人 ◆gQikaJHtf2 :軍事板,2006/05/21(日)
"2 csatornás" katonai BBS, 2006/05/21 (vasárnap)

青文字:加筆改修部分
Kék karaktert: retusált vagy átalakított rész


** 【質問 kérdés】
 【回答 válasz】

452 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 10:22:00 ID:vlIWlvFM
連隊戦闘団って旅団とどう違うんでしょうか?

>>266
「准将」でした.お恥ずかしい限りです.
ご指摘ありがとうございました.


454 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 10:46:40 ID:???
>452 人員規模や作戦上の駒としての扱いの点ではほぼ近い内容.
ただし,旅団は旅団戦闘団という言い方が別にある.最近は平時から
旅団戦闘団を米陸軍は組織しているけども.

歴史的には米陸軍の場合,連隊戦闘団というものがあったのは
第二次世界大戦から朝鮮戦争あたり.その後は部隊の改編が様々あり
今では連隊と自分で名乗っている組織(扱いは旅団と同様)は空挺師団と
空中強襲師団に機甲騎兵連隊,騎兵連隊しかなくなった.
旅団隷下の各大隊は連隊名を上に冠しているけどこれは伝統を引き継ぐ
という意味合いが強い.

自衛隊の場合は,演習の時にいくつかの戦闘部隊や支援部隊を連隊を
中核,基幹に組み合わせて運用しているものが連隊戦闘団.
旅団は平時からあるもので,11旅団(北海道),12旅団(北関東と新潟),
13旅団(山陰,山陽)などがある.これらは師団だったものを改編して
できたもの.

456 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 11:07:39 ID:vlIWlvFM
>>454
矢野徹 著 「442連隊戦闘団」
を読んでから気になってました.
丁寧かつ親切なレスありがとうございました.

旅団長は准将で連隊戦闘団の指揮官は大佐?,
という理解で良いのでしょうか?
あと,自衛隊では旅団・師団とも指揮官は陸将補でしょうか?
または前者が陸将補で後者は陸将とか?

462 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 11:27:12 ID:???
>456 検索する環境は不明ですが,自衛隊の各旅団はサイトをそれぞれ
持っています.道東の第5師団も旅団編成になってた.なので
旅団長の階級については実際のところを見たほうがいいと思います.
当方がここで曖昧な知識を頼りに書いて間違うとあれだし.
えと,当方が暇だったらリンクを貼るかもしれませんが貼らなかったら
忙しかったということで.
 このほか,群という編制があり,有名なところではサマワに派遣されている
部隊も群.指揮官は一佐なので昔で言う大佐です.

<米陸軍
准将は師団長見習いで師団長の下で作戦,機動,支援などを担当したりする.
旅団長は大佐.大隊長は中佐.中隊長は大尉.小隊長は少尉.
独立旅団だとどうだったでしょうね.師団が上に直接居ない旅団があります.
イタリアにいる第173空挺旅団とアラスカにいる第172歩兵旅団(ストライカー)
それから旅団規模として第11機甲騎兵連隊,第3機甲騎兵連隊,第2騎兵連隊(ストライカー)
もいるなぁ.このほか憲兵とか対空とか機動支援などにも旅団編制の部隊は
多数あるので調べないと分からないです.

465 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 11:38:25 ID:???
第5旅団 将補
http://www.nae.jgsdf.go.jp/5d/index.html
第11旅団
いま旅団改編計画が報道されている最中.いまは師団のまま.

第12旅団 将補
http://www.eae.jgsdf.go.jp/12b/index.htm
第13旅団 不明
http://www.13b.mae.jgsdf.go.jp/

ということでたぶん将補なんじゃないでしょうか.詳しいことは
自衛隊板へどうぞ.

軍事板,2006/05/23(火)
"2 csatornás" katonai BBS, 2006/05/23 (kedd)

青文字:加筆改修部分
Kék karaktert: retusált vagy átalakított rész


** 【質問 kérdés】
 【回答 válasz】

570 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 20:03:38 ID:???
戦前の工業規格についてですが,19世紀後半に英・米・仏がそれぞれ独自の
規格を策定し,本国と影響圏で標準化を進めています.その後英米は両者の規格
統一化を部分的に進め(ようとし)たユニバーサル規格を,仏は欧州諸国を巻き
込んで現在のISO規格へと発展していきます.

戦前の日本では尺貫法等も含めた種々の規格が混在していましたが,ISOをベース
として1921年に日本標準規格JESを策定し標準化を図ります.しかしながらJESへの
一本化は中々進まず,JES自体もISOだけではなくユニバーサルや米式規格も入れて
並存を認めるようになり,工業規格の一本化という理念は大幅に後退してしまいます.
やがて戦時経済化と経済混乱の下,規格を大幅に緩めた臨時JESが1939年に制定されます.
その他にも,民生品レベルでは町工場レベルで規格外の代物も作られていました.

この他の軍規格や航空機規格等は基本的にJESベースだったのですが,元のJES自体が
混在を認めていたのですから共通性は言わずもがな‥

>>567
戦前の経済状況もあって基本的に官調達向け規格の性格は強かったのですが,
現在で言う自動車の形式認定や建築の確認申請等,民間にも直接規制がかかる
分野もありました.

453 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 10:46:22 ID:RVTtgnmj
陸軍で隼の代わりに零戦を,海軍で紫電改の代わりに疾風を採用するには部品の規格が
陸海軍で違っていて工場の設備まで総入れ替えせざるを得ず余計手間がかかると聞きます.
無線機や機銃はともかく陸海軍で機体の部品まで整合性がないんですか?

455 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 10:57:00 ID:???
>>453
調べれば分かるが陸と海,全く別々に飛行機を作っていた(協力した試作機もあるけどね)
もし二つが協力し合えば倍以上の飛行機が作れたかも,,,と言われている

463 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 11:32:33 ID:xTzPcmTd
>>453
当時の日本にはJIS規格などは無く(あっても規格どおりの製品を作るのは無理だった)
同じ零戦52型でも生産工場によって部品があわない等と言うことは常でした
(下手すると同じ工場でもヤスリなどで調整しないと合わない)
なので,設計段階から別物の陸海軍の航空機の部品の共有など夢のまた夢です

たとえば全国共通の10mmのネジを作るとすると
まず,幅・長さ・ねじ穴の大きさ・ピッチ・山の数などの詳細な規格を定め
その規格どうりに寸分違わぬネジを作成しなければいけませんが
当時の日本にはそれだけの工業力や工作精度はありませんでした

現在ではJIS規格などによりネジや部品がどの工場生産の物か等気にしなくても
規格さえあえば使用できるようになっているので気がつきにくい事ですが
当時の日本では考えられない事だったのです

469 名前:453投稿日:2006/05/23(火) 12:05:09 ID:RVTtgnmj
そうでしたか.陸海軍別ならともかく同じ工場でも部品が合わないとは.
以前に伊藤家の食卓で傘の頭のネジにカメラ下部にある三脚用のネジが合うので傘の頭にカメラを
装着して三脚代わりに使えると紹介されてて,実際手元のそれで実験したら整合したのですが
親父いわく「規格が決まってるから互換性がある」とのことですが当時にはなかったんですね.

506 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 14:32:59 ID:???
>>469
おーい,いるか
だまされちゃだめだぜ
戦前戦中の日本にも「JAS」つー工業規格があったぞ
今のみたく網羅的ではないし,生産者側にも遵守しようって意識はなかったみたいだけど

508 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 14:38:08 ID:???
>>506
網羅的でも無く,誰も守らない規格って,規格なのか?
それは北朝鮮における民主主義みたいなもんじゃないか?w
いや,冗談だけど.

514 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 16:07:08 ID:???
>>506
ttp://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/jasindex.htm

560 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 19:22:09 ID:???
>>506>>514
気になったので戦前の工業規格についてググってみたら,

ttp://www.ndl.go.jp/jp/data/theme/theme_honbun_400112

このページだと,JIS制定前は日本標準規格(後に日本規格)というもので略称はJESとのこと.
さらに
>旧日本軍の規格は,JESや臨JESとは独立に制定されていました.
との文章が.陸海で別々の規格を定めてたような記述も・・・.

567 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/23(火) 19:39:57 ID:???
>>560

JESは,軍需品など,政府調達品についての官の購入規格や試験規格,標準仕様書.
臨JESは昭和17年にやっと制定.
どっちも軍需品主体.
ttp://www.horagai.com/www/moji/nihon/hosetu1.htm

軍事板,2006/05/23(火)
"2 csatornás" katonai BBS, 2006/05/23 (kedd)

青文字:加筆改修部分
Kék karaktert: retusált vagy átalakított rész


** 【質問 kérdés】
695 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/24(水) 14:05:26 ID:fbsB0NqB
海軍兵学校は卒業後,席次順に昇進するそうですが主席や次席の場合,佐官まで昇進するのにどのくらいかかるんでしょうか?

 【回答 válasz】

737 名前:鷂 ◆exxupUqotM 投稿日:2006/05/24(水) 18:07:56 ID:urncDqf/
>>695
ハンモックナンバーに関係なく,大尉まではクラスメイトは一斉に進級します.
で,質問の佐官昇進ですが,ハンモックナンバーと現場での働きを考慮して,大尉どまりの士官を足切りして,残りが一斉に少佐に上がります.
ハンモックナンバーで出世のスピードが変わるのは,少佐から中佐に上がる時からです.
ハンモックナンバーをひっくり返す手としては,海大や術科学校で好成績を上げることや,
現場で上官に気に入られて後ろ盾になってもらう手があります.

750 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/24(水) 19:05:11 ID:???
>>737
㌧クスです.

少佐から影響してくるんですね.因みに期間はどのくらいかかるんですか?

772 名前:眠い人 ◆gQikaJHtf2 投稿日:2006/05/24(水) 21:04:16 ID:t0k+Ztof ?
>750
例えば,海兵45期生(1917年卒業)の場合,こんな感じです.

(海兵を優等で卒業した人) (普通の成績で海大に進学した人) (海兵後航空畑に進んだ人) (海兵の成績が良くなかった人)
 1918年 少尉任官        少尉任官                 少尉任官              少尉任官
 1920年 中尉任官        中尉任官                 中尉任官              中尉任官
 1923年 大尉任官        大尉任官                 航空術学生卒 大尉任官
 1924年               砲術学校高等科卒                               大尉任官
 1927年 海大(甲種)入学
 1929年 同卒業 少佐任官  海大(甲種)入学 少佐任官      少佐任官
 1930年                                                          少佐任官
 1931年               同卒業
 1933年 中佐任官
 1935年               中佐任官                 中佐任官              待命・予備役編入
 1938年 大佐任官
 1939年                                      大佐任官
 1940年               大佐任官
 1941年                                                          召集
 1943年 少将任官                                                   中佐任官


774 名前:眠い人 ◆gQikaJHtf2 投稿日:2006/05/24(水) 21:21:30 ID:t0k+Ztof ?
>772補足
海軍に於ては進級の際,「考課表」というものがあり,佐官~一等兵まで,一人一葉の甲表と部下全員の比較をする乙表がありました.
これは年一回書かなければならないもので,将校のものは調整官の手を経て最終的に海軍大臣まで進達されます.

准士官以上の主な記入項目はは,
 本人告白(家庭事情,自己研鑽の内容,体力(身体の状態),職務上の希望,特に告白するべき事象(断酒など))

 対上所見(家庭事情の考察,自己研鑽の所見,体力評価,職務上の希望についての所見,
        学術技能の所見(他人に比較して明らかに優位にある場合に記述)
        本人の長所,研究心努力素質将来見込,褒賞,外国語の力量,気質,欲望(飲食欲,性欲,休憩欲,
        労働欲,生命欲,智識欲,所有欲,幸福欲,社交欲,名誉欲,秩序欲),趣味及び感情,操行(道徳的
        理想,行為),態度動作及び言語,注意力,記憶力,想像力,判断力,作業力,最適の職)

 調整官及閲歴諸官所見

と,対上所見については,大体この様なことを書くと言うことで,あくまでも目安に過ぎません.
調整官の所見も同様で,被考課者の総てについて知悉し,しかも豊富な表現力,語彙力がないと作成出来ません.
ちなみに,調整官は,艦船では士官以上と候補生が副長,下士官兵は分隊長で高等官以外所見を書くことは許されていません.

軍事板,2006/05/24(水)
"2 csatornás" katonai BBS, 2006/05/24 (szerda)

青文字:加筆改修部分
Kék karaktert: retusált vagy átalakított rész



** 【質問 kérdés】
 【回答 válasz】

842 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/24(水) 22:37:14 ID:JwGQbexL
>>772
この表によると「あまり成績のよくない海兵出の士官」さんは37~8歳で予備役編入に
なるようなのですが,このような人たちはその後どうなるのでしょうか?

当然再就職が必要と思われるのですが,40歳近い軍人にあまりいい職が見つかるとも
思えないし,一応エリート?の士官が日雇い労働をするとも思えんのですが・・・
何か海軍が職を斡旋するなどしてたのでしょうか?

856 名前:眠い人 ◆gQikaJHtf2 投稿日:2006/05/24(水) 23:02:34 ID:t0k+Ztof ?
>842
予備役編入の前に「待命」というのがありますが,これは俸給払うけど,職がないよと言う状態です.
一種の窓際族.
大抵の士官はこの間に就職活動をして次の職場を決めます.

しかし,痩せても枯れても士官になっているのですから,そこらの兵や下士官と違って一種の学士
みたいなものですので,大正期の大規模軍縮とか昭和初期の恐慌の時以外は比較的職場には恵ま
れています.
技術系士官なんかだと,造船所関係に勤務とか,兵科でも海運関係とか其の他色々あります.

844 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/24(水) 22:40:00 ID:???
>>842
陸軍の中佐さんや大佐さんは保険の外交員をやってました
おそらく海軍も似たり寄ったり

軍事板,2006/05/24(水)
"2 csatornás" katonai BBS, 2006/05/24 (szerda)

青文字:加筆改修部分
Kék karaktert: retusált vagy átalakított rész


** 【質問 kérdés】
 【回答 válasz】

802 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/24(水) 22:13:41 ID:mJUMhzP9
>>797
逆に,戦闘機のような小型の存在は
どこに隠れているかわかりません.
ハンガーか,岩陰か・・・
そんな戦闘機に急襲されたら輸送機はひとたまりもありません.

私が思うに,たぶんこういうことなんだと思います.
ベトナムでミサイル万能論が否定→空戦もできるように考え直す
機銃不要説→やはり必要性を認識して機銃が復活する
輸送機が無事→楽観的(今ココ)→輸送機が攻撃を受ける→輸送機に護衛がつく



804 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/24(水) 22:16:33 ID:???
>>802

>>795を読め
自説の発表をしたいのなら
それにみあったスレに行け


805 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/24(水) 22:20:04 ID:???
これは派生議論スレへ送迎すべきではないか


806 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/24(水) 22:20:33 ID:???
派生議論スレ6
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1148053988/l50



807 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/24(水) 22:21:19 ID:???
>>802
もっとシンプルに考えろ.

輸送艦船→制海権がなくても航行させることがある
輸送機 →航空優勢がないと飛ばさない

戦例をよく見ること.


808 名前:緑装薬4 ◆8R14yKD1/k 投稿日:2006/05/24(水) 22:22:51 ID:laIl1afP
>802
はあ・・・

そりゃどうも.


811 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/24(水) 22:24:34 ID:???
>>802
戦闘機が活動するためにはそれなりの大型施設が必要だ
大きな滑走路も必要だ
岩陰に隠れて攻撃とか不可能

輸送機の場合,活動地域の制空権を確保して
レーダーや警戒機等で適切に誘導
護衛の戦闘機もそれに応じて派遣すればOK
第二次大戦の目視戦闘の時代じゃないのだから
直援の護衛戦闘機など効率が悪いだけ

で,君の言う状況の
輸送機が攻撃を受けるって状況はどの事例をいってるのかな?
イラク戦争などでそんな事態があったとは知らないが

軍事板,2006/05/24(水)
"2 csatornás" katonai BBS, 2006/05/24 (szerda)

青文字:加筆改修部分
Kék karaktert: retusált vagy átalakított rész


** 【質問 kérdés】
854 名前:名無し三等兵投稿日:2006/05/24(水) 22:59:14 ID:Zf7k0NM4
1942年ごろのタイ海軍の戦力を教えて下さい.

 【回答 válasz】

866 名前:眠い人 ◆gQikaJHtf2 投稿日:2006/05/24(水) 23:11:15 ID:t0k+Ztof ?
>854
砲艦:Ratanakosindra(英国製),Sri Ayuthia(日本製)
駆逐艦:Phra Ruang(旧英国R級駆逐艦)
水雷艇:Puket級7隻(イタリア製)
スループ:Tachin級2隻(日本製)
魚雷艇:Kantan級3隻(日本製)
敷設艇:Bangrachan(イタリア製)
潜水艇:Sinsamudar級4隻(日本製)
砲艇:Chow Phraya(旧英国Hunt級)
哨戒艇:CMB-6~9(英国製)
漁業保護艇:Sarasindhu級3隻(国産),Sriya Monthon
王室ヨット:Maha Chakri

軍事板,2006/05/24(水)
"2 csatornás" katonai BBS, 2006/05/24 (szerda)

青文字:加筆改修部分
Kék karaktert: retusált vagy átalakított rész


目次へ Index felé

「未分類草稿別館 wiki」トップ・ページへ
Az "Besoroltatlan Vázlat wiki" Oldal Tetejéréje felé

サイト・マップへ Oldaltérkép felé

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ
"2ch." katonai BBS GYIK Kvázi-top oldala felé

Ads by TOK2