c

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ
"2ch." katonai BBS GYIK Kvázi-top oldala felé

サイト・マップへ Oldaltérkép felé

「未分類草稿別館 wiki」トップ・ページへ
Az "Besoroltatlan Vázlat wiki" Oldal Tetejéréje felé

目次へ Index felé

北朝鮮の核ミサイルの破壊力を検証するスレ
Az thread, ahogy ellenőriz a Észak-Korea nukleáris rakéta pusztító erejéte

青文字:加筆改修部分
 ただし,「である」「です」調の統一のため等の補正を除く.
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész
Azonban, kivéve a korrekciót s a más, hogy úgy korrigáljuk, hogy egyesítse normal stílus "dearu である" s udvarias stílus "deszu です"

※ レス回収基準値 v.e.r. = 6
Res felépülés Kritériuma, v.e.r. = 6

※既出Q&Aの関連記述は,「追記」で処理.
Úgy kezeltem a Fentiekből Q&A-nak vonatkozó leírása, mint egy "egyszer írható".

※編集に手間取りそうなもの,または,調査が必要なもの等は,<保留>として後日回し.
Az res volt folyamatban és kerülták ki , hogy szánjonok időt szerkesztni vagy ki kellem vizsgálni.

目次 Index


** 【質問 kérdés】
 素朴な疑問なんだが,起爆装置(爆縮型)の解説はよくあるけど,弾頭に詰め込むための小型化の技術についての説明ってあまり見ない.
 一般的に,難しいし北朝鮮では無理,みたいな評価が多いみたいだけど,具体的にどういうやり方で小型化するの?
 それって本当に難しいの?

 【回答 válasz】
 基本的に中性子を「うまく」「たくさん」「タイミングよく」当てるだけ.

 俺は具体的な事はぜんぜん分かんないし,説明できないが,衝撃工学とか使う.

 全体を完全な球体にして爆縮させる分には精度が求められるけど,理論的にはそんなに理解するのは難しくないよね.
 でも球なんでデカイ.
 ミサイルに搭載するには,球の直径以上の太さがミサイル側に必要になる.

 そこで衝撃波で完全に核物質を包んでおきながら,球でなくてもよい形というのはないか計算する.
 細長くできないか,とか.
 ついでに,飛散する中性子がより長く反応物質内を通過し続けるようにできないかも計算したりする.
 で,米露は山ほど実験してできた.

 なんとなく感じは分かってくれた?
 よく分かんないなら,「それって本当に難しい」って事だ.

軍事板,2003/02/20
"2 csatornás" katonai BBS, 2003/02/20

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész

http://www.cnfc.or.jp/j/proposal/reports/rep0105j.html
に爆縮タイプのPu核兵器の略図が有るけど,これを見ると分割小片を集めるというより,薄く伸ばした粘土を,急いで丸めるって感じだね.
 中性子源がD-Tなら三重水素の半減期は短いから,必要なときに入れるのかな?
 高圧の気体として注入するのだろうか?
 どっかのソースで,中の中空部分を支える支柱の形や材質・強度・配置に,非常なノウハウがあるって書いてあった.
 紛失しちゃって今ないんだけど,そこでも原子炉級のPuで爆弾作るとなると,冷却の問題と,遮蔽の問題(中性子が多い原子炉級は大変.それが239ならダンボールだって良い)があって小型化したければやっぱり兵器級が必要なんだとさ.
 北朝鮮のPuは兵器級だから,材料的には直径10センチ.重さ20キロ位にもできるかな?
 問題は中空部分を支える支柱で,これは実験で爆縮させる火薬との組み合わせを調べるしかない.
 これを工夫すると,球でなくても良くなるみたいだよ.
 でも直径10センチなら,無理してラグビーボールみたいな形にしなくっていいんじゃない?
 粘着榴弾じゃないけど,余り強い衝撃波があると内側に破片が弾き飛ぶし,遅いと反応が不完全になる.
 ウレタン見たいなものでは,ツッパリにならないから,球にしか出来なさそうだし.
 Puの厚さを不均一にするのは,実験&シミュレーションが大変そうだ.
 ソ連の技術者に喜び組あてがって,盗む方が簡単だな.

 つうか,どんな技術が必要かは常識みたいだから,どっからかもう手に入れてると思うな.
 従って北朝鮮の核兵器は,重さ100キロ以内大きさは直径30センチに1000キムチ.

軍事板,2003/02/24
"2 csatornás" katonai BBS, 2003/02/24

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


** 【質問 kérdés】
 ノドンの弾頭に搭載されるものとして,今現在何が考えられますか?
 また,そのようなノドンが皇居に落とされたとしたら,どの辺りまで,どのような被害が出ると思われますか?

 【回答 válasz】
 2003年当時の報道によれば,弾道ミサイル「ノドン」に搭載可能な重量は1t程度.

------------
 北朝鮮が「核爆弾1000キロ・グラム」の技術的壁を破ったと推測される有力傍証は,高性能火薬を使った起爆テスト.
 北朝鮮は1998年以後数十回実施したと報道されている.

 核問題の権威,ヘンリー・ソコルスキー不拡散政策教育センター所長は,
「起爆テストは,200キロ・グラム以下の小型化を目指したデータ取得が目的だ」
と分析し,すでに北朝鮮は,核兵器小型化の1つの目安とされる「1000キロ・グラム」を達成したと見る.

http://www.yomiuri.co.jp/00/20030226i215.htm
------------

 この読売の記事は,今までの
「自称『アメリカの専門家』が,ノドンには核弾頭搭載能力があると発言」
とはレベルが異なるんだよねぇ…
 今までそういう発言をした専門家はアメリカ政府御用達的な人が多く,正直信憑性に疑問がつきまとったんだが…

 核問題に関してはアメリカ政府と異なった意見を述べることが多い米科学者連盟(軍事板ではFASと言った方が分かりやすいか)や,グローバルセキュリティのご存じジョン・パイクも同意見だというあたりが…
 ただ,両者も含めて,おそらくアメリカ政府からのなんだかの情報を元にして,コメントしている可能性も高い事から,元の情報が間違っている(もしくはゆがめられている)可能性は否定できないが…
 あと,両者のサイトを確認しても,核弾頭のサイズの小型化に成功した可能性が高いという記述がないのも気になる点.

 あとは
http://www.cnfc.or.jp/j/proposal/reports/rep0105j.html
の表3,4及び,
”1ktの爆弾は,破壊力の半径が広島爆弾の3分の1程度に及び,潜在的に恐るべき爆発である.”
から自分で考えれば?

 表の本来の意味は,Puの組成によって綺麗に爆発する確率とその威力.
 綺麗に爆発しない確率と,その威力だけど,北朝鮮は兵器グレードのPuがあるって言われてる.
 しかし工作は相当に難しいので,今の北朝鮮が綺麗に爆発するPu核兵器が作れるかは判らない.
 但し工作がへたくそでも,偶然綺麗に爆発するかもしれない.
 凡そ1ktから20ktのどっか,1kt以下って可能性も捨てきれない.ってとこじゃない?
 破壊力の半径が広島爆弾の3分の1から,ちょっと大きいくらいってとこかな?

 ちなみに俺のじーちゃんは昔,原爆が落ちた後,広島に救援に行ったそうな.
 10年前に死んだが,死因は肺がんだった.
 その葬式を行った坊さんは,被爆者で爆心地2キロにいて助かったそうな.
 今でも生きてて,子供もいる.
 個人の運命は,もっと判りません.

軍事板,2003/02/26~03/03
"2 csatornás" katonai BBS, 2003/02/26 - 03/03

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


** 【追記 utóirat】

110 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/03/08 00:32 ID:??? がいしゅつかも知れないが,こんな記事があった.
ちとスレ違いなのでsage.

---------------------------------------------------------------
 また,日本政府筋は「日本はある程度,理論的に核武装が可能になったとも言え
る」との見解を示す.同筋によると,日本は90年代前半,旧ソ連の核ミサイル解体へ
の貢献を検討する中で,安全な解体のために製造法を知る必要に迫られた.その結
果,完成品から逆に製造過程を解明する「リバース・エンジニアリング」の手法で核兵
器製造の詳細を解明したという.
http://www.mainichi.co.jp/news/article/200303/05m/117.html


ありえないとは思うが,万が一,日本が核武装する場合,
それはロスケの核弾頭のコピーからはじまるんかいな(w

それはそれで笑えるというか,苦笑というか,
ニガ笑いというか,なんともいえない事態だな.

まあ,ロシア製兵器マンセーな香具師はハァハァな訳だが.

軍事板,2003/03/08
"2 csatornás" katonai BBS, 2003/03/08

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


** 【追記 utóirat】

165 : True/False ◆ItgMVQehA6 [sage] 投稿日:03/03/15 16:09 ID:???
ミサイル・インデックスのデータに基づいて,ScudAおよびB,ノドンの初期重量と最終重量の比率を
粗く出してみました.
なお,空気抵抗は無視しています.
    Scud A     Scud B
全長(m) 10.7     11.16
直径(m) 0.88     0.88
発射重量(kg) 4,400    6,370
ペイロード
単弾頭:950kg 単弾頭:985kg
誘導方式 慣性     慣性
推進方式 1段式液体(ケロシンと硝酸)1段式液体(UDMHとIRFNA)
射程(km) 180       300
から,
質量比 1.69      1.873
最終質量 2600      3400
となります(小数点以下は丸めた:しかし,あまりにもキリの良い数値になってしまう?).
166 : True/False ◆ItgMVQehA6 [sage] 投稿日:03/03/15 16:10 ID:???
一方,ノドンは
全長 15.5m
直径 1.3m
発射重量 21,000kg
ペイロード 単弾頭1,000kg
推進方式 1段式液体
射程 1,000km
となっています.
推進剤の組み合わせが不明ですが,仮にScudAと同じくケロシンと硝酸の組み合わせならば
比推力は260秒,非対称ジメチルヒドラジンと液体酸素の組み合わせとしても310秒となります.
よって
質量比2.8~3.42
最終重量7500~6140
といったところです.
どなたか,引用した外寸から円筒近似した体積を求めてみてください.
どうもノドンはサイズに比して不当に重いように思われます.167 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/03/16 01:48 ID:??? Nodong

Range (km) 1,350-1,500
CEP (m) 190
      (Previously thought to be
       several thousand meters)
Diam. (m) 1.32-1.35
Height (m) 15.852-16
L. W. (kg) 15,852-16,250
Stage Mass (kg) 15,092
D. W. (kg) 1,780-2,180
Thrust (Kg f) Effective: 26,051 (-709)
Actual: 26,760-26,600
Burn time (sec.) 110
Isp. (sec.) Effective: 226 - SL due to vains
       steering drag loss of 4-5 sec.
       Actual: 230
       Vac.: 264
Thrust Chamb. 1
Fuel TM-185
20% Gasoline
80% Kerosene
Oxidizer AK-27I
27% N2O4
73% HNO3
Iodium Inhibitor
Propellant Mass (kg) 12,912
Warhead (kg) 760-987-1,158
Type MRBM
168 : True/False ◆ItgMVQehA6 [sage] 投稿日:03/03/16 14:12 ID:??? >>167
グローバル・セキュリティあたりのデータでしょうか?

actualの比推力230秒,推進剤質量12912kgで初期重量15852kgwと
すると,燃焼終了時に得られる速度は(重力損失と空気抵抗を無視して)
3875m/s.

これでは1350kmを飛ぶのは難しいです.

軍事板,2003/03/15
"2 csatornás" katonai BBS, 2003/03/15

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


** 【追記 utóirat】

177 : FFH331 ◆3.CSSBl9VA [sage] 投稿日:03/04/01 15:41 ID:??? 例の読売の記事です.

2003.02.27 北の核「ノドンに搭載可能」 重量1000キロまで 小型化 米専門家が指摘

北朝鮮が保有しているとされる核爆弾について,重量は弾道ミサイル「ノドン」に搭載可能な千キロ・グラム
程度,との見方が米国の専門家の間で主力となっている.ノドンは既配備なので,北朝鮮は潜在的に
「核ミサイル」を所有するのと同様であり,日本など周辺諸国には重大な懸念となる.(国際部 石黒穣)
北朝鮮が「核爆弾千キロ・グラム」の技術的壁を破ったと推測される有力傍証は,高性能火薬を使った
起爆テスト.北朝鮮は一九九八年以後数十回実施したと報道されている.
核問題の権威,ヘンリー・ソコルスキー不拡散政策教育センター所長は,「起爆テストは,二百キロ・グラム
以下の小型化を目指したデータ取得が目的だ」と分析し,すでに北朝鮮は,核兵器小型化の一つの目安とさ
れる「千キロ・グラム」を達成したと見る.
核爆弾の重量は,四五年に長崎に投下された「ファットマン」が四千九百キロ・グラムで,その後,米ソは弾
道ミサイルに搭載するため小型化を進めた.ファットマンと基本設計が同じ「第一世代タイプ」でも,千キロ・
グラム以下に抑えられた.
北朝鮮は核爆弾の性能確認のための核実験を実施したことはないが,米国の専門家の多くは,この半世紀
の原子力科学・技術進歩の成果を公開論文で入手できることや,火薬の高性能化で起爆装置が作りやすく
なった点を重視.米科学者連盟の上級研究員,マイケル・レビ氏は,「北朝鮮は第一世代タイプの核爆弾を完
成させ,重量は千キロ・グラム程度と考えるのが妥当」と指摘する.
核爆弾の技術的側面に詳しいグローバルセキュリティーのジョン・パイク代表は,「北朝鮮がノドンを使って第
一世代タイプの核爆弾を日本に撃ち込む能力を持っているのはほぼ確実」と述べる.科学国際安全保障研究
所のデビッド・オルブライト所長も同意見だ.178 : FFH331 ◆3.CSSBl9VA [sage] 投稿日:03/04/01 15:41 ID:??? 米政府は米中央情報局(CIA)の分析に基づいて,北朝鮮が九二年以前に抽出したプルトニウムを使って核
爆弾を一,二個製造,保有していると判断している.だが防衛庁など日本の安保関係者の間では,「核爆弾を
完成させたとしても五千キロ・グラム近くあり,とてもミサイルに載らない」という意見が根強かった.
北朝鮮が約百基配備しているノドンは米科学者連盟の分析によると,搭載可能弾頭重量千百五十八キロ・
グラム,射程千三百五十キロ・メートルで,東京や大阪が射程に入る.北朝鮮はさらに射程が長い「テポドン2
号」の開発も急いでいる.
北朝鮮は,寧辺にある五千キロ・ワット黒鉛減速炉を八九年に七十日間停止.このとき抜き取った使用済み
核燃料棒から十数キロ・グラムのプルトニウムを抽出し,核爆弾一,二個の原料に回したとされる.今ある八千
本の使用済み核燃料棒の再処理に踏み切れば,さらに核爆弾六個分のプルトニウムが抽出できる.

以上.183 : 名無し三等兵[sage] 投稿日:03/05/03 23:23 ID:??? >>178
これで政府が「情報収集衛星が発射の兆候を掴んだ」と発表した段階で
新聞に「核ミサイル発射準備」の見出しが踊ることは確実になったわけか.

軍事板,2003/04/01
"2 csatornás" katonai BBS, 2003/04/01

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


目次へ Index felé

「未分類草稿別館 wiki」トップ・ページへ
Az "Besoroltatlan Vázlat wiki" Oldal Tetejéréje felé

サイト・マップへ Oldaltérkép felé

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ
"2ch." katonai BBS GYIK Kvázi-top oldala felé

Ads by TOK2